マンションコミュニティについて改めて考えるべきこと

2016.05.07
マンションコミュニティについて改めて考えるべきこと
近年の大手デベロッパーが開発する新築マンションは、住人間のコミュニティを重視する傾向があります。そしてコミュニティ形成のノウハウや、その管理運営におけるハード、ソフト両面をパッケージ化して供給されることが増えてきました。その背景には、消費者がコミュニティの重要性を意識し始め、そのニーズに応える必要性があったようです。しかしコミュニティの重要性は、何も大規模な大手デベロッパーの新築マンションに限ったことではありません。どのマンションでも、防犯や災害時の共助においてコミュニティは重要な役割を担っているのです。

監修者:針山昌幸

株式会社Housmart 代表取締役
宅地建物取引士・損害保険募集人資格
『中古マンション 本当にかしこい買い方・選び方』
(Amazonランキング・ベストセラー1位)

防犯上の利点

マンションの敷地内やエントランスなどで、住人同士がごく自然に挨拶や会話を交わしている姿。それを見ると、犯罪者は二の足を踏むものです。何故なら、そんな環境の中に部外者が不用意に入り込めば、妙に目立って不審者に見られる可能性が高くなるからです。敷地内やエントランスでまったく無関心にすれ違うより、ひと言でも声を掛けて挨拶すれば、その反応の仕方で不審者に気付きやすくなります。一方で犯罪者からすれば、挨拶や言葉を交わすことは極力避けたい状況。下手に顔を背けて無視すれば怪しまれるし、かえって自分の印象を強く残してしまいますからね。ただし、不審者に気付いたら管理人か管理会社に報告して、自ら対応することは避けた方が無難です。思い過ごしということもありますし、もし本当に犯罪者だったら危険ですから。そういったことを考慮すると、管理人が常駐しているマンションの方が安心ということになりますね。

災害時の共助

大きな災害が起きれば当たり前のように互いに助け合う、日本人はそれが自然にできる国民。過去の大地震など大きな災害時に、日本人はそれを実証してきました。でも、小さな子どもやお年寄りといった優先的に手を差し伸べるべき存在を知らなければ、いざという時に助けようがありませんよね。それに、それでは安否確認さえもままならない。とはいえ個々の住人がマンション全体の事情まで把握するのは無理ですし、プライバシーの問題もあります。しかし、普段から何かしらのお付き合いがあれば、少なくともその範囲の情報は把握できます。例えばママ同士のもミュニティが機能していれば、何処のお宅に小さな子供がいるのか、そういう情報を共有できます。何かしらのイベントが定期的に開催されていれば、互いに顔を合わせて話をする機会が増えるでしょう。そういったお付き合いには、ある程度の煩わしさはつきものです。しかし、その積み重ねがいざという時に役立つのです。普段は面倒だからと疎遠にして、困った時だけ助けて欲しいというのは虫が良すぎますよね。煩わしいと思える付き合いも、シビアな見方をすれば何か困ったことが起きた時の保険になるのです。このような点では、助け合いが当たり前なシニアマンションなどはおすすめなのかもしれません。

コミュニティ形成の障害

近年、個人投資家による賃貸目的のマンション購入が増えてきました。そういったマンションの場合、住人は所有者と賃貸人が混在することになります。また、築年の古いマンションの中には、空室が目立つ物件も少なくありません。所有者は別のところに住んでいて、マンションに誰も住んでいない住戸があるわけですね。そういったこともあり、分譲マンションだからといって所有者が住人という前提ではなくなってきています。このことによって所有者の意見の集約や調整が難しくなり、管理組合そのものが機能不全に陥るという現象が起こってしまいます。管理組合は所有者で構成されますので、賃貸の住人は蚊帳の外。それでは同じマンションの住人でありながら、賃貸の住人は管理組合で何ら意見を言えないということになります。同じコミュニティの一員ではあっても、所有者である住人と賃貸の住人では少なからず意識に違いが生じます。そして誰も住んでいない住戸の所有者は、全くと言って良いほどもミュニティに対して関心を持たない。そういった意識の違いが、コミュニティ形成の障害になるわけですね。

まとめ

防犯や防災などのハード面を充実させるには管理費や将来的のメンテナンスに必要な修繕積立金をより高く設定しなくてはなりません逆に言うと、コストを掛ければハード面の機能向上が図れます。しかしソフト面はお金ではなく、住人個々の意識が重要なカギになります。要は気持ちの問題ですから、少なくとも日々の挨拶や声がけにはお金は必要ありませんよね。所有と賃貸という違いはあっても、同じマンションに暮らす住人であることには変わりありません。そして、何より同じ人間なのです。住人が互いに協力して快適な住環境を創ることが、コミュニティ形成の目的のはず。そうであるなら、立場や価値観による違いを超え、本質を踏まえてコミュニティを形成することが必要なのではないでしょうか。>>>中古マンションをお得に購入できるサービスとは?
株式会社Housmart
株式会社Housmart
マンションジャーナル編集部

中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。