【注目!】家具のニュートレンドを作る海外ブランド3選

2017.04.28
【注目!】家具のニュートレンドを作る海外ブランド3選
お部屋の模様替えで気分を一新したい時や、新生活を始める時に大切なのがソファや本棚などの家具ですね。お気に入りに一品を見つけるために家具屋さんに足を運ぶ人も多いでしょう。でも、家具を選ぶのって一日仕事ですよね。毎日の仕事が忙しいとなかなか行けないまま、あれ?いつの間にか季節が変わってる…なんてことも…。そんな時に心強い味方になるのが、ネット通販です。どうせ買うならそこらへんのお店じゃ買えないものを買っちゃいましょう~!…ということで、テレビや映画で見るような日本にはない家具を扱う海外のショップを3つご紹介します。どれも日本に未上陸のものばかり。ニトリや大型ショッピングセンターなどもいいですが、日本にない家具ブランドも新鮮です。ネットで頼むことができるので実際の店舗がなくても手にいれることができますよ。

Interior Define

画像引用元:Interior Define http://www.interiordefine.com/

2014年に設立されたアメリカ発のインテリア家具の会社です。「伝統的な男性的なソファに女性らしさを加え誰にとっても飽きのこないデザイン」 を目指しているそうです。通販用のサイトもシンプルな作りになっています。扱っている家具は、
  • 椅子
  • ソファ
  • sectional(組み合わせのソファみたいなものでしょうか)
  • sleepers(ソファベッド)
  • chaise(伸ばした足をのせられるタイプのソファ)
といったラインナップです。色は白、黒、グレー、茶色系のあっさりとした飽きない色が使われています。座るというよりもゆったりと寝転がる、ペットと一緒にリラックスするなどの使い方がしたい大きめのソファが印象的です。商品の個別ページではパソコンで見るとマウスでグリグリと商品の画像を360°まわして見ることができます。公式サイト http://www.interiordefine.com/shop

Campaign

画像引用元:Campaign http://www.campaignliving.com/

こちらもアメリカ発の会社です。扱っている商品は椅子やソファです。商品数は少ないですが、赤、緑、青と明るい色が目を引きます。工具不要で3分で組み立てが可能、という点がアピールポイントです。サイトの中でもマウスでスクロールすることで2つに梱包された状態から組み立てが進む様子をみることができます。また、サイト内の説明を見ると、船便で出荷する前に選んだ色確認のためにサンプル布地を送ってくれるそうです。英語サイトですが、画面の隅に出てくる「サポート」という文字をクリックすると日本語での質問が可能なようです。ありがたいですね。(2017年4月の時点では冬の商品が終わって春の商品の準備中とのことでした。余分な在庫は持たないのかもしれませんね。)公式サイト  http://www.campaignliving.com/

Crate & Barrel(クレイト&バレル)

画像引用元:Crate&Barrel https://www.crateandbarrel.com/

こちらもアメリカ発のインテリアショップです。日本への発送も始めたようで、日本円での価格表示がJPY~と表示されて買い物がしやすくなっています。リビングやダイニングなどで使うソファや椅子などの家具だけでなく、お皿やワイングラスなどの食器からポップコーンメーカーなどの調理器具まで幅広く扱っています。家具はシンプルな色づかいですが、形のデザインが色々と楽しい家具が多いですね。どの商品も日本のお店ではお目にかかれない商品ばかりです。いろいろな商品を見ているだけで楽しくなりますよ。公式サイト https://www.crateandbarrel.com/

まとめ

今回紹介したインテリアブランドはどれも個性的でそれぞれ特徴があるところばかりです。英語のサイトですが、 Google Chromeなどのブラウザーで見ると翻訳をしてくれるので気軽にのぞいてみることができます。日本では見かけない家具を使ってみたいな~という方は是非ご覧になって下さい。
株式会社Housmart
株式会社Housmart
マンションジャーナル編集部

中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。