驚きの100均グッズ!手を汚さずにレモン果汁をかけられるスプレー!

2017.09.26
驚きの100均グッズ!手を汚さずにレモン果汁をかけられるスプレー!
前回紹介しました「ネギカッター」「らくらくバナナカッター」「リンゴカッター」に引き続き、ダイソーで面白い便利グッズを3つ見つけたのでご紹介します。

コンパスカッター

前々から気になっていたこちらの商品。コンパスで円を描く要領で、綺麗に紙をまるく切ることができるみたいです。裏を見ると説明書付き。早速パッケージを開けてみます。カッターの刃と針がセットになっています。説明書通りにネジをゆるめて半径を決め、折り紙をカットしてみます。 折り紙に針を刺し、円を描きます。1周ではなかなか切れなかったので、今度はもう少し力を入れてコンパスではなく折り紙を回しながら切ってみます。 今度はうまく切れました。少し力を加えながら紙を回して切るのがコツのようです。次は段ボールで試してみます。針を刺し段ボールを回しながらカットを試みましたが、さすがに段ボールは切れませんでした。懲りずに段ボールよりも薄く折り紙よりも厚いケント紙でチャレンジしてみます。針を刺しケント紙を2回回すと綺麗に切れました。ちなみに半径は0,5mmから設定できますが、1㎝からの方がうまく切れます。また、大きい円では半径7㎝のものまで書くことができます。綺麗な円を作るとなると、1度コンパスで下書きをした後はさみでカットしますよね。それが1度にできる優れものです。工作が好きな方におすすめ。

回るホッチキス

続いてはこちらの「回るホッチキス」。一見普通のホッチキスに見えますが、使用方法を見てみると中とじや筒止めができるというのです。早速試してみましょう。本体はこんな感じ。握り心地も良いです。説明書を読むと、白いマガジン部分が回転するというので押してみるとご覧のとおり90度180度回転しました。90度にしたときの横からの図です。まずは筒止めにチャレンジ。 綺麗にできました。マガジンが回転することでこんなに深くまで針が入ります。続いて中とじに挑戦してみます。紙を挟んで上部と下部をとじると中とじもこのとおり綺麗に。これがあれば筒止めはもちろん、穴あけパンチで穴をあけてひもを通さずとも簡単に中とじができてしまいます。不要な紙もメモ帳にして再利用できそうです。

レモンスプレー

最後はこちらの「レモンスプレー」。レモンの先端を包丁でカットして、尖っている部分をレモンにねじ込み使用します。パッケージを開けるとスプレー部分とリングが出てきました。早速試してみます。まずは包丁でレモンの先端をカット。 果汁がでないように白い部分を残して切ります。切りすぎるとレモンの果汁が出てきてしまうようです。次に尖った部分をレモンに刺し、かさがレモンと密着するまでねじ込みます。できました。リングに乗せると自立もします。では使ってみましょう。シュッシュッ!シュッシュッ!4回ほど押すと出ました。手を汚さずとも簡単にレモンの果汁だってとれます。レモンスプレーの優秀な点は、手を汚さず果汁をムラなくまんべんなく吹きかけられるところです。果汁の出が悪くなったらレモンを揉むとよく出ます。最後の方はレモンを握りながらプッシュして使い切りました。

まとめ

今回もまた100均で面白い商品に出会えました。試してみた3点の商品はどれもおすすめ。特に回るホッチキスとレモンスプレーは画期的商品だと言えます。こんなに面白い商品が100円で手に入るダイソーはやっぱり魅力的。皆さんもショップで見かけたらぜひ試してみてくださいね。
株式会社Housmart
株式会社Housmart
マンションジャーナル編集部

中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。