配送できるの?店舗に在庫はあるの?無印良品の座椅子を元店員が徹底紹介!

2017.12.08
配送できるの?店舗に在庫はあるの?無印良品の座椅子を元店員が徹底紹介!
シンプルなデザインが人気を博している無印良品の家具。毎年冬に発売されるこたつは品切れになる商品も出るほどです。この記事ではこたつにピッタリな無印良品の座椅子を元店員が徹底紹介!店員に聞かないとわからないようなことも解するのでぜひ座椅子の購入を検討されている方は参考にしてみてくださいね!無印良品の座椅子をネットストアで見てみる

無印良品の座椅子の本体は2種類

無印良品では大・小の2種類のサイズの座椅子を販売しています。カバーもわずか3種類。そのシンプルさが逆に選びやすくて人気なのかもしれませんね。フラット常態の時のサイズを表にすると以下のようになっています。無印良品の座椅子の表大・小で高さ・幅いずれも変わります。小でも大人が充分に座ることができるサイズ感で、大だと大人+小学生低学年のお子さんくらいも座ることができるサイズ感。家族みんなで利用されるのであれば大きいサイズのが良いかもしれませんね。

無印良品の座椅子のカバーは3種類

先ほど紹介した通り、カバーは3種類です。それぞれ紹介していきます。無印良品の座椅子をネットストアで見てみる

座椅子用カバー/綿帆布生成

無印良品の座椅子カバー 座いす大用カバー/綿帆布生成 大用トートバッグなどによく使われる帆布素材の座椅子カバー。生成りのみの用意です。ホワイトベースの自宅によく合います。ドライクリーニングが推奨されていますので洗濯の方法にご注意ください。

座椅子用カバー/綿平織/ベージュ・ダークブラウン

無印良品の座椅子カバー 無印良品の座椅子カバー座いす大用カバー/綿平織ベージュ 大用ベージュ 座いす大用カバー/綿平織ダークブラウン 大用ダークブラウン帆布素材の次は綿平織素材。こちらはベージュとダークブラウンの2種類の色からお選びいただけます。綿平織素材は手軽に洗濯することができるので洗濯頻度が高い方におすすめ。

無印良品の座椅子は実際どうなの?

実際に販売員時代をしていた時に座椅子をご案内していた時の評判を思い返してみると、悪い評判は聞かなかったです。個人的に座ってみたときもしっかりとしていて、へたりもなく長い間使えそうだな、という印象が強かったです。ただ、カバーのバリエーションがもう少しあると嬉しいな…とは思っていました。3種類というのはいくらなんでも少ないですよね。ソファカバーはオーダーも合わせれば20種類以上あるのに…。そのうち10種類だけでも座椅子にまわしてほしいですよね。無印良品の座椅子をネットストアで見てみる

無印良品の座椅子は持ち帰ることはできるの?配送料金は?

無印良品の座椅子の配送無印良品の座椅子を持ち帰って早く使いたい!という方もいるかと思います。在庫が店頭にあるのかというと、結論店舗に寄ります。筆者は都内の2番目に大きな規模の店舗でアルバイトしていたのですが、そこでは常に本体の在庫を大・小ともに3点ほどストックしていました。都内の中でも小規模店と言われている友人の店舗では在庫を置いていないと言っていました。もちろん、そういったお店でも取り寄せ、配送などはできるので注文することは可能です。ということで「持ち帰って早く使いたい!」という方は有楽町店や池袋西武などの大型店舗まで足を運んでみることをおすすめします。

無印良品の座椅子の取り寄せや配送にかかる時間は?

「わざわざ大型店に行く余裕がない…」という方はお取り寄せや配送を利用したいですよね。その際に気になるのが受取までにどれくらいの時間がかかるのか、というところだと思います。それぞれ最短で3日〜のお時間を要します。お取り寄せは店頭だけではなくオンラインストアでもができるのですが、オンラインストア経由だと店頭に届くまで1週間ほど時間がかかるのでお急ぎの方は店頭もしくは電話経由でお願いすると早くお受け取り頂けます。

無印良品の座椅子の展示がある店舗は?

展示がある店舗はまちまちですが、都内の大型店と呼ばれるところであれば大体用意があります。店頭に出ていない場合でも試してみたい旨を伝えれば倉庫から持ってきてくれる場合もあるので店員に聞いてみるのもいいかもしれません。実際にアルバイトしていた店舗ではそのようなオペレーションをとっている期間もありました。

まとめ

無印良品の座椅子について紹介しました。これくらいのサイズの商品だと持ち帰るのか、配送するのかなどで迷われることも多いかも…と感じたのでそういった部分も参考して頂ければ幸いです。無印良品の座椅子をネットストアで見てみる
株式会社Housmart
株式会社Housmart
マンションジャーナル編集部

中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。