【特集】パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの魅力に迫りました!

2018.10.24
【特集】パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの魅力に迫りました!

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーのメリット

  • 最寄り駅の「武蔵小杉」駅からは5路線が利用可能
  • 周辺エリアの再開発により、資産価値の向上が期待できる
  • 「住む喜び」を喚起する三井ブランドの高級中古タワーマンション

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーのデメリット

  • 人口の多いエリアのため、通勤ラッシュ時の混雑が予想される
パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーは、2008年10月に建築された高級中古タワーマンションです。再開発の進む武蔵小杉という大変人気のエリアに建っており、日本のマンションデベロッパーのトップに君臨する三井不動産レジデンシャルが分譲しています。「パークホームズ」「パークコート」など数々の人気マンションシリーズを手掛けてきた三井不動産レジデンシャルが、コミュニティの形成と共に資産価値を向上させる住まい作りを目指して確立した「パークシティ」ブランドの名を冠した、武蔵小杉のランドマーク的存在です。東急東横線「武蔵小杉」駅から徒歩3分という好立地や、「三井のタワーマンション」ならではの充実した共用施設も魅力の一つです。関東圏の中古マンション探しを考えるにあたって、ぜひとも候補の一つに挙げていただきたい武蔵小杉というエリアの価値ある高級中古タワーマンション、パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの魅力を知れば、きっとあなたも住みたくなること間違いなしです。

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの概要

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの資産価値

街のブランド力

武蔵小杉というエリア名を聞くと、たいていの人は「人気エリア」というキーワードが頭に浮かぶのではないでしょうか。近年、再開発によりタワーマンションがエリア内のいたるところに建築され、街の眺望はめまぐるしく変化していっています。同時に、同エリアの住みやすさは格段に向上しています。リクルート住まいカンパニーが提供する、住宅・不動産購入をサポートする情報サイトであるSUUMOが企画した「~住みたい街ランキング2018~関東」において総合6位を獲得するなど、その知名度と人気は不動のものであるといえるでしょう。魅力の秘密は、何といっても都内中心部に勤める人々にとっての「ベッドタウン」としての価値にあります。特にマンションの最寄り駅である「武蔵小杉駅」から東急東横線を使えば、「渋谷駅」までは乗り換えなしで17分で到着することが出来ます。もちろん都内中心部へのアクセス性だけではありません。神奈川県の主要なオフィス街の一つである「川崎」駅へも、南部線を利用すれば12分で到着することができます。「武蔵小杉」駅は、東急東横線、東急目黒線、JR横須賀線、JR成田エクスプレス線、JR南武線の合計5路線を必要に応じて使い分けることができるという、電車や地下鉄を利用した移動には最適の環境なのです。

街の将来性

武蔵小杉駅周辺は、非常に多くの再開発プロジェクトにより、最近20年程度で数多くのタワーマンションや商業施設などが建築されており、街の眺望がめまぐるしく変化しています。三井不動産レジデンシャルが建築した59階建ての高層タワーマンションであるパークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー(203.5m)を筆頭に、シティタワー武蔵小杉(190m)など、多くの超高層タワーマンションが立ち並んでいます。それに伴って武蔵小杉エリアの人口も加速度的に増加しており、そのことが再開発に伴う利便性の向上と、パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの資産価値向上に寄与しているといえるでしょう。

マンションのブランド力

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーは、三井不動産レジデンシャルが提供する高級マンションブランド「パークシティ」の名を冠したハイグレード中古タワーマンションです。「パークシティ」ブランドにおいては、数百戸という大規模なマンション開発を行う中で、ただ単に共同住宅としてマンションを捉えるのではなく、持続的に発展していける「街づくり」の思想を取り入れたマンションづくりを行っています。また、利便性の高い共用施設などにより住人同士の円滑なコミュニティを醸成するとともに、資産価値の維持向上に繋げていけるような工夫が随所に施されたマンションです。三井不動産レジデンシャルが掲げる「経年優化」というコンセプトに沿った理想的な中古マンションといえるでしょう。三井不動産レジデンシャルというマンションデベロッパーは、日本国内においては三菱地所と並び称される不動産業界のリーディングカンパニーであり、「パークホームズ」や「パークコート」などの人気マンションシリーズを始め、「パークマンション」などの超高級マンションも世に送り出しています。その独自の設計思想と自社が分譲するマンションに設けられた厳しい施工基準、入居後の生活に寄り添う管理サービスの提供などにより、三井ブランドを確たるものとしています。「三井に住んでいます」というキャッチフレーズは、同社のCMなどによってあまりにも有名ですが、「三井ブランドのマンションに住んでいる」というだけで、計り知れないほどのステータスを保持していることになります。この点からも、住人やオーナーにとっての「住む喜び」「所有する喜び」を喚起することができるマンションといえるでしょう。また、パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの施工を担当したのは「スーパーゼネコン」として名高い竹中工務店です。日本国内だけではなく、アジアやヨーロッパ、アメリカなど世界各地で多数のマンションや商業施設、オフィスビルの建築事例があります。創業からすでに400年以上が経過しており、伝統と規範ある社内体制のもと、社会的な信用も高いと思われます。また、これまでに手掛けてきた建築物のことを同社では「作品」と呼んでいることからも、モノづくりに対する真摯な姿勢と、高い設計施工能力を有している会社であるということができます。

マンションの立地条件

  • 東急東横線「武蔵小杉」駅下車 徒歩3分
  • 東急目黒線「武蔵小杉」駅下車 徒歩3分
  • JR横須賀線「武蔵小杉」駅下車 徒歩4分
  • JR成田エクスプレス「武蔵小杉」駅 徒歩4分
  • JR南部線「武蔵小杉」駅 徒歩4分
パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーから東急東横線、東急目黒線が通る「武蔵小杉」駅までは、マンションを出てから徒歩3分と好立地です。また、JR横須賀線、JR成田エクスプレス、JR南武線が通る「武蔵小杉」駅も徒歩4分と、電車や地下鉄を利用した移動には非常に便利な立地となっています。東急東横線を利用すれば、都内中心部である「渋谷」駅までは乗り換えをすることなく17分で到着でき、JR南武線を利用すれば神奈川県の主要駅である「川崎」駅までは12分で、こちらも乗り換えなしで到着することができます。都内に勤めるサラリーマンはもちろんのこと、神奈川県内に勤務先がある方でも、最適な路線と通勤方法を選択することによって、非常に大きな利便性を獲得することができるのです。

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの共用施設・設備グレード

共用施設

  • コンシェルジュカウンター
  • 公開空地
  • スカイビューバス
  • 洗車スペース
  • ペット用足洗い場
  • ラウンジ
  • パーティラウンジ
  • シアターリビング
  • キッズルーム
  • ゲストルーム
  • スカイテラス
  • ウォーターデッキ
  • カンファレンスルーム
  • スタディルーム
  • コミュニティコーナー
  • ランドリーコーナー
  • 電動アシスト付自転車レンタル
上記をご覧いただければわかるように、共用施設が極めて充実しているのがパークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの最大の魅力です。中でも「スカイビューバス」では、地上41階から都会の眺望を見渡しながら、檜風呂や石風呂、サウナを利用することができます。このスカイビューバスに関しては入居者の他、マンションのゲストにもご利用いただくことが可能です。さらに、ゲストルームも完備されています。2人部屋、3人部屋、4人部屋のそれぞれ広さの異なる部屋をゲストに利用いただくことが可能です。一年を通して利用可能なため、年末年始やお盆、ゴールデンウィークなど、来客がある時期には大変重宝する施設といえるでしょう。広大な公開空地も魅力です。「冒険の森」「交流の庭」「木もれ日の広場」「やすらぎの泉」とそれぞれ名付けられた公開空地には高低様々な植栽が植えられており、植物公園のような自然が常に身近にあるという環境を作り上げています。わざわざマンションを出て外部の公園などに行かずとも、マンション内で自然と目いっぱい触れ合うことができる環境なのです。コンシェルジュカウンターでは専任のコンシェルジュが朝9時から夜21時まで常駐しており、宅配受付サービスやクリーニングの受付、上記でご紹介したような各種共用施設の予約受付サービスを提供しています。他の同程度・同規模のマンションなどでは、コンシェルジュの勤務時間は長くとも18時頃までというところが多い中、21時まで駐在しているというのはとても便利です。平日の仕事帰りにも気軽に利用することができます。

設備

共用部

  • 駐車場(400台)
  1. タワー式220台
  2. 横行昇降式174台
  3. 平面式6台
  • 駐輪場(965台)
  • バイク置き場(31台)
  • 各階ゴミ置き場(24時間ゴミ出し可)
  • 多機能宅配ボックス
  • トランクルーム
  • エレベーター
  1. 高層用3基
  2. 低層用3基
  3. 非常用1基
  4. サービス用1基
  5. 自転車用2基
  • 24時間有人管理
  • 高速インターネット
  • 4重オートロックシステム
共用設備も共用施設と同様に、非常に充実しています。駐輪場に関しては965台完備されており、少なくとも各住戸に1台分以上は確保されています。自転車を部屋内に置きたいという人は、自転車用のエレベーターを使って各階に行くことができるため、他の住人とエレベーターで鉢合わせて、お互いに気を遣うような心配をする必要はありません。また、エレベーター数に関してはやや少ない印象を受けます。世間一般的には、50戸あたり1基のエレベーターが確保されていると混雑や待ち等のストレスなく利用できるともいわれていますが、パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーのエレベーターの場合はサービス用や自転車用を含めても64.3戸に1基の設置率となっているため、通勤ラッシュ時などは混雑する可能性もあります。実際の使用感については確認が必要といえます。セキュリティ体制に関しては、安心の24時間有人管理を実現しています。マンション内に置かれた防災センターには、警備員が24時間体制で警備を行っています。また、メインエントランスから各住戸まで4重のセキュリティを施しており、非常に堅固なセキュリティ体制を構築しているといえます。さらに、各階に備えられたゴミ置き場に関しては24時間ゴミ捨てが可能です。各階に備えられたゴミ置き場を利用することにより、わざわざ外に出てゴミ捨てをせずとも、手軽にゴミ捨てが可能です。

専有部

  • オール電化
  • エコキュート
  • ディスポーザー
  • BS、CS
  • CATV
  • 乾燥暖房付き浴室
  • 二重床
  • 二重天井
  • 24時間換気
  • 床暖房
  • 各住戸携帯基地局(NTT docomo)
  • ペアガラス
  • 高速インターネット
  • 各部屋LANポート
  • システムキッチン
専有部分に関しても生活に便利な設備が充実しています。高層タワーマンションにおいてはバルコニーでの洗濯物干しが制限される場合があることから、乾燥暖房付き浴室は入居後もヘビーユーズする可能性が高いです。雨の日でも室内で手軽に洗濯物を乾かすことができる他、浴室内を乾燥させて清潔に保つことが可能です。二重床および二重天井の採用にも、三井不動産レジデンシャルの住人に対する気遣いが反映されています。マンションは共同住宅のため、上下階、隣接住戸で発生した生活音が聞こえてくるということがあります。二重床、二重天井の採用により、こうした生活音が隣接住戸に響くのを緩和することができます。もちろん人によって音の感じ方はそれぞれですが、快適なマンション生活を送るためには、こうした「隣接住戸に音が響かないような工夫」がなされているかどうかを確認することをおすすめします。ディスポーザーが付いている中古マンションは、非常に人気があります。部屋内で発生した生ゴミを、その都度処理することが可能なため、部屋内を清潔に保つことができ、害虫の発生も抑えることが可能です。

駐車場

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーに併設されている駐車場は、タワー式、機械式(横行昇降式)、平面式の3種類です。総戸数643戸に対して駐車場区画数は400台分と、やや少ないといえるかもしれませんが、武蔵小杉駅を利用することにより、電車や地下鉄を利用した移動を容易に行うことができるため、自動車がなくとも生活を便利に成り立たせることができるという見方もできます。ただし、パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー管理組合が運営するホームページ(http://stationforesttower.com/common)では、現在(2018/10)法人を対象に敷地内駐車場の外部貸しを行っていることが明記されており、契約者を募集中です。住人向けの駐車場区画も多少は空いていることが予想されますので、購入検討の際はどの区画が空いているのか仲介業者を経由して確認してもらい、購入前に現地で操作確認・入出庫確認等をすることをおすすめします。タワー式・機械式区画であれば入出庫時に待ち時間が発生する場合もありますし、収納規格内の車両であっても車種によっては入出庫時にエラーが発生する可能性もあります。

耐震性

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーは2008年に建築された中古マンションですので、最新の耐震基準(2006年)に対応しています。また制振構造を採用しており、マンションに設置された制振ダンパーの働きによって揺れを抑えることを可能としているため、マンション設備の破損はもちろん、部屋内の家具等への被害も最小限にすることができます。

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの利便性

交通利便性

最寄り駅は東急東横線および東急目黒線が通る「武蔵小杉」駅であり、マンションからは徒歩3分の距離にあります。マンション敷地を出れば、ほぼ目の前に駅がある、という環境です。前述したように都内中心部への移動や神奈川県内の移動においても手軽に電車や地下鉄を利用することができます。JRなども含めると合計で5路線が利用可能という、他のエリアではなかなか実現することができない利便性を享受することができるのも魅力です。

生活利便性

スーパー

武蔵小杉エリアは、駅周辺を中心に多種多様なスーパーが充実しています。成城石井はあの知れた高級食材を扱う富裕層向けスーパーであり、「成城石井でなければ買い物をしない」というこだわりを持つ人も中にはいるほど、クオリティの高い食材を調達することが可能です。この他にも、徒歩で容易にアクセスできる場所に比較的規模の大きなスーパーが多数存在しているのも、武蔵小杉エリアの魅力の一つといえるかもしれません。
  • 「foodium 武蔵小杉」徒歩2分(110m)
  • 「九州屋ららテラス武蔵小杉店」徒歩3分(170m)
  • 「成城石井ららテラス」徒歩3分(180m)
  • 「イトーヨーカドーグランツリー武蔵小杉店」徒歩4分(300m)

大型商業施設

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーから徒歩圏内に、数々の商業施設が存在しており、特に休日などは多くの家族連れで賑わっています。わざわざ他のエリアからこれらの商業施設を目当てにたくさんの人々が訪れる中、マンション住人はこれらの商業施設に徒歩でアクセスすることができるという、夢のような生活を実現することができます。
  • 「フーディアム」徒歩2分(110m)
  • 「ららテラス武蔵小杉」徒歩3分(170m)
  • 「グランツリー武蔵小杉」徒歩4分(300m)
  • 「武蔵小杉東急スクエア」徒歩4分(300m)

病院

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー周辺に存在する病院については以下の通りです。
  • 「どうどう小児科アレルギー科」徒歩4分(260m)
  • 「武蔵小児内科漢方・循環器」徒歩5分(350m)
  • 「聖マリアンナ医科大学東横病院」徒歩5分(400m)
  • 「坂本歯科医院」徒歩6分(450m)

コンビニ

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー周辺に存在するコンビニは以下の通りです。
  • 「ファミリーマート武蔵小杉駅前店」徒歩2分(150m)
  • 「セブン・イレブン川崎武蔵小杉駅前店」徒歩3分(190m)
  • 「ローソン LAWSON+toks武蔵小杉店」徒歩4分(250m)

金融機関・ATM

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー周辺にある主な金融機関は以下の通りです。
  • 「三井住友銀行武蔵小杉支店」徒歩3分(220m)
  • 「三菱UFJ銀行武蔵小杉駅前店」徒歩5分(350m)
  • 「みずほ銀行武蔵小杉支店」徒歩5分(400m)

郵便局

「中原郵便局」が徒歩7分(500m)の場所にあります。

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの住環境

マンション周辺の自然環境

再開発が順調に進行している武蔵小杉駅周辺にあっては、公園などの施設はやや不足している感がありますが、それでも道路沿いには多数の街路樹が植えられており、行き交う人の目の保養にもなっています。マンション内の公開空地では、多数の植栽や四季折々の草花に触れることができます。マンション内にあっても多数の自然に触れることができるのは、パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの魅力の一つかもしれません。

教育環境

保育園

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー周辺の保育園は以下の通りです。
  • 「ベネッセ武蔵小杉保育園」徒歩3分(200m)
  • 「保育ルームClover武蔵小杉園」徒歩3分(240m)
  • 「グローバルキッズ武蔵小杉園」徒歩4分(260m)
  • 「キッズベースキャンプ武蔵小杉東急スクエア」徒歩4分(270m)
  • 「わらべうた武蔵小杉保育園」徒歩6分(450m)
  • 「すこやか小杉保育園」徒歩6分(450m)
人口の多い武蔵小杉エリアなだけに保育施設は充実しています。上記のいずれの保育園も徒歩圏内にあるため、入所後の送迎の際のストレスもそれほど大きくはなさそうです。ただし、近年の再開発の進行により、武蔵小杉エリアでは多数のタワーマンションが建設され、その影響を受けて保育を必要とする就学前児童の人数が増加しています。こうした状況を受けて、マンションのある川崎市中原区においては待機児童数の解消に向けて積極的に取り組んでいます。待機児童認可保育所等の整備を始め、幼稚園の一時預かり事業の拡大、横浜市との連携協定の拡大などです。同区の発表によれば、平成30年4月現在の待機児童数は18名となっており、前年の0名と比較してやや増加してはいますが、低い水準にあることがわかります。しかしながら、認定保育園等対応児童や一時保育対応児童、幼稚園預かり保育対応児童などは「保留児童」と呼ばれ、この保留児童数は同時点で2960名と、非常に多い数値になっています。安心して子供を預けながら働くことができる環境が完全に整うまでは、もう少し時間がかかりそうであるといえるかもしれません。(参考:http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/cmsfiles/contents/0000097/97414/taikikouhyou3004.pdf

小中学校

【パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの学区】
  • 川崎市立上丸子小学校 徒歩10分(800m)
  • 川崎市立中原中学校 徒歩18分(1440m)
パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーは、上丸子小学校と中原中学校の学区です。両校ともマンションからは徒歩10分以上の距離にあるため、登下校時には十分な注意が必要です。特に上丸子小学校に関しては2016年に改築が行われたばかりであり、新しい校舎でゆったりと授業を受けることができます。

治安

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの建つ川崎市中原区では、2018年1月~9月の犯罪発生件数が859件と、神奈川県内の他エリアと比較してもやや高い件数となっています。主に窃盗犯が多く、特に武蔵小杉駅周辺に自転車やバイクを停めたりする必要がある場合は自転車盗やバイク盗に注意するとともに、マンション外の駐車場を利用する場合は車上荒らしに注意する必要があります。パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーに関しては4重ロックを採用しているセキュリティ性の非常に高いマンションですので、セキュリティ内にて自転車やバイク、車等を管理する場合には何らかの犯罪に巻き込まれる心配はなさそうです。(参考:https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesc0027.htm

交通事故件数

川崎市中原区においては2018年1月1日から10月14日までの交通事故件数は261件と、同市内の他の区に比べると最も少ない件数になっています。ただし、同年中に死亡事故は発生していませんが、重症者数が19名と、大規模な交通事故も複数回発生していることがわかります。特に通勤や通学時間帯などは交通量も必然的に増加することが予想されるため、一層の注意が必要です。(参考:http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/15-5-2-2-0-0-0-0-0-0.html

ハザードマップ

川崎市では、大雨災害の発生により付近の河川が溢れたりした場合を想定して、「洪水ハザードマップ」を策定しています。多摩川流域において2日間の総雨量588mmの大規模な豪雨災害が発生した場合でも、パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー周辺では大規模な浸水被害等は想定されておらず、被害の大きなところでも50cm程度の浸水予想となっています。しかしながら、多摩川河川敷周辺では3mから5m、ひどいところでは10m以上の浸水が予想されている地点もあるため、合意災害発生時には不要の外出は控え、周辺エリアの災害情報を収集する必要があります。特に「武蔵小杉」駅は5路線が通っているエリアのため、豪雨災害発生時には公共交通機関への甚大なダメージがあるものと思われます。早めの避難が必要不可欠といえるでしょう。(参考:http://www.city.kawasaki.jp/530/cmsfiles/contents/0000018/18174/03nthm.pdf

まとめ

再開発の進行により、エリアとしての魅力や資産価値も今後ますます向上していくことが期待される武蔵小杉エリアに建つパークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーは、自ら住むためだけではなく、数十年先を見据えた投資物件としても検討の余地が十二分にある高級中古タワーマンションです。特にマンション管理組合ホームページによれば、2017年には大規模修繕委員会が発足するようです。これから大規模修繕工事に向けた検討が着々と進められていくことを考えると、築10年超にも関わらず、当該工事によって一新された共用施設や設備の恩恵を受けることも可能です。その意味では、「狙い目」ともいえる中古マンションです。さらに、「三井の高級タワーマンションに住んでいる」という事実が住人の誇りを醸成し、住む喜びを与えてくれるマンションともいえるでしょう。三井ブランドの確たるステータス性と魅力は、もはや国内においては説明不要の域にまで達しています。魅力的なエリアに、魅力的な高級タワーマンションを購入するという選択肢は、必ずや今後の買手の人生を輝かせるものとなるでしょう。
株式会社Housmart
株式会社Housmart
マンションジャーナル編集部

中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。