モザイク柄の外観が際立つ、サンクタス川崎タワーの魅力に迫りました!

2018.10.31
モザイク柄の外観が際立つ、サンクタス川崎タワーの魅力に迫りました!

サンクタス川崎タワーのメリット

  • ターミナル駅の川崎駅から徒歩7分の利便性の高い立地
  • 道路を渡れば大型ショッピングモール「ラゾーナ川崎」
  • 6つのパティオなどの充実した共用施設

サンクタス川崎タワーのデメリット

周囲にマンションが建っているので低層階は陽当たり・眺望が期待できない サンクタス川崎タワーは2012年2月に川崎駅の近くに誕生した地上33階地下1階建てのタワーマンションです。川崎駅を代表するショッピングスポットの「ラゾーナ川崎」の道路向かいに位置しており、毎日のお買物にとても便利な立地です。今回はモザイク柄の外観が特徴のサンクタス川崎タワーについて、その魅力を詳しくご紹介します。

サンクタス川崎タワーの基本情報

サンクタス川崎タワーの資産価値は?

サンクタス川崎タワーは、街のブランド力と将来性、マンションのブランド力と立地条件という4つの側面からみて、高い資産性が期待できると考えられます。各要素について、順番にみていきたいと思います。

街のブランド力

一昔前の川崎は、工場が多くて生活環境が整っておらず、競馬場などによって治安も悪いというイメージでした。現在は駅前の再開発が進み、ショッピングモールのラゾーナ川崎やアトレ川崎、ルフロン川崎などの大型商業施設が完成して住み良い街並みに変貌しました。もともと鉄道路線が多数乗り入れる利便性の高い駅でしたので街並みが改善されたことにより、街のブランド力も一気に上昇しました。

街の将来性

川崎駅の南西側で現在再開発が進行しています。高層のオフィス棟と低層の商業棟、そしてホテル棟が2021年の完成を目指して建設中です。サンクタス川崎タワーからは徒歩3~4分の場所ですので、完成すれば生活の利便性がさらに高まることとなるでしょう。川崎の街は多数の商業施設があり、利便性はすでに相当高いレベルにありますので、この再開発が完了することで資産価値の急激な向上までは期待できませんが、資産価値が落ち込むことは考えにくいでしょう。

マンションのブランド力

サンクタス川崎タワーの分譲主はオリックス不動産株式会社です。リース事業からスタートしたオリックス株式会社が不動産事業を分社化したのがオリックス不動産であり、「サンクタス」のブランド名でマンション分譲を行っています。三井・三菱などの大手マンションデベロッパーには分譲戸数は及びませんが、ライオンズマンションを手掛けた株式会社大京をオリックスが子会社化するなどマンション業界へ積極的に進出しています。また、サンクタス川崎タワーの施工は錢高組が担いました。300年以上の歴史を有するゼネコンであり、国内外のインフラ設備を施工するなど高い技術力を有しています。都心部のタワーマンションなども手がけており、スーパーゼネコンほどの知名度はありませんが信頼の置ける建設会社です。分譲主・施工主とも信頼度が高いため、中古マンションになっても安心感は高く、資産価値の維持にもよい影響を与えています。

マンションの立地条件

サンクタス川崎タワーは、JRの川崎駅から徒歩7分、ショッピングモールのラゾーナ川崎を抜けた先に位置しています。南と東に10階建てのマンションが建っていますので、低層階は閉塞感を感じるかもしれません。一方、高層階は広々とした眺望が期待できます。ラゾーナ川崎を日常使いできる生活利便性の高い立地であり、電車や幹線道路から離れているのでターミナル駅の駅前の割には静かな住環境です。

サンクタス川崎タワーの共用施設・設備グレード

共用施設

  • ガーデンラウンジ&テラス
  • ゲストルーム(2部屋)
  • スカイラウンジ
  • エグゼクティブ・ビュー・パティオ
  • グランド・エア・パティオ
  • 18ミッド・パティオ
  • 11ミッド・パティオ
サンクタス川崎タワーの特徴は、中間階に設置されたパティオです。1階や屋上などにパティオを設けているマンションは多くありますが、中間階の吹き抜けにパティオを設けたマンションはめずらしいでしょう。各住戸がエレベーターを利用する日常生活の中で緑に親しむことができ、内廊下に日光が射し込むように配慮された秀逸な設計です。そして、24階と25階にゲストルーム、26階にスカイラウンジが配され、高層階の眺望を来客にも楽しんでもらうことができます。

共用部設備

  • 駐車場150台(機械式148台・平置2台) 月額20,000〜30,000円
  • 駐輪場596台 月額200〜300円
  • バイク置場10台 月額3,000〜5,000円
  • 各階ゴミステーション
  • エレベーター4台
  • 宅配ロッカー
  • 防犯カメラ
  • コンシェルジュサービス
  • 24時間有人管理体制
  • 内廊下
各階にゴミステーションが設けられているので、毎日のゴミ出しがとても便利です。ゴミ出しのためにエレベーターを利用する居住者がいなくなるので、エレベーターの効率が上がるというメリットもあります。エントランスにはコンシェルジュがおり、宅急便の発送手続きや共用施設の予約などを行っています。中古で入居すると新築入居に比べてマンション設備の説明が少ないため、日々の生活の中で相談できるスタッフが近くにいるのは嬉しいですね。

専有部設備

  • ディスポーザー
  • オール電化
  • エコキュート
  • 電気式床暖房
  • 浄水器
  • タンクレス節水トイレ
  • サーモバス
  • フラットフロア
  • 幅広フローリング
  • 手摺り下地
  • 二重床二重天井
  • スケルトンインフィル
一つの特徴がオール電化です。東日本大震災以降、電気料金の値上がりからオール電化は少し敬遠されましたが、災害が発生した際に一番早く復旧したインフラ設備は電気でした。都市ガスは復旧に時間がかかる設備ですので、防災面でいえばオール電化住宅は魅力的です。キッチンのIHクッキングヒーターは火を使わないので火事になりにくく、五徳がないのでお掃除もラクです。そして、ディスポーザーや二重床二重天井、スケルトンインフィルは住戸リフォームで後から設置することのできない設備ですので、多くのマンションと比較検討される中古市場において資産価値を高く評価されるポイントです。

駐車場

駐車場は総戸数300戸に対して150区画が用意されています。このうち148区画が機械式駐車場ですので、購入を検討するときには駐車場の空き台数とともに区画サイズもしっかりと確認しておきましょう。設置区画数は少なめですが、カーシェアリングが用意されています。駅前の交通便利な立地にありますので、必要なときに利用するカーシェアリングも一つの有効な手段です。機械式駐車場が多数設置されていると点検や部品交換などに多額の維持費がかかります。長い目で見たときに駐車場の設置割合が50%というのは過度に機械式駐車場が多過ぎないという点で高く評価されるポイントになるでしょう。

耐震性

サンクタス川崎タワーは「制震構造」になっています。制震構造とは、ダンパーなど地震の揺れを抑える部材を設置することで建物揺れを軽減させる構造です。スラブには筒状の管を入れて軽量化したボイドスラブが採用されており、マンション全体を軽量化して地震の揺れに耐えやすい構造になっています。これらの構造が評価され、サンクタス川崎タワーは劣化対策等級3を取得しています。これは3世代(75〜90年)まで長持ちするように対策が講じられていることを意味しています。

サンクタス川崎タワーの外観デザイン

サンクタス川崎タワーの設計はスタイレックスが担当しました。2005年に創業した従業員数20名の小さな会社ですが、専門性の高いプロ集団であり、毎年数多くのマンションの設計を手掛けています。サンクタス川崎タワーでは白とグレーのモザイク柄の外観が採用されており、中間階には吹抜けのパティオ(中庭)を設計するなど、随所にこだわりが感じられるデザインです。高い設計力が評価され、サンクタス川崎タワーは2012年のグッドデザイン賞に選出されています。

サンクタス川崎タワーの利便性

交通利便性

サンクタス川崎タワーは、JR川崎駅から徒歩7分の距離にあり、多数の鉄道路線が使えるので鉄道アクセスが非常に便利です。最寄り駅である川崎駅から各主要駅への所要時間の目安は、下記のとおりです。
  • 大手町駅:28分
  • 新宿駅:34分
  • 渋谷駅:27分
  • 品川駅:9分
  • 六本木駅:36分
  • 横浜:7分
また、ラゾーナ川崎の中を抜ければ、マンションの近くまで雨に濡れずに行くことができるため、急な雨などにも対応しやすいマンションです。そして、羽田空港へは川崎駅前から路線バスが出ています。京急線も羽田空港へアクセスできますが、安価な路線バスが選択できるのは嬉しいですね。

生活利便性

ラゾーナ川崎が目と鼻の先にありますので、生活利便性は抜群に高い立地です。ラゾーナ川崎には、飲食や衣類の専門店の他、スーパーやクリニック、家電量販店、ホームセンターなどが入っており、日常生活に必要な物は何でも揃うと言っても過言ではありません。この他、川崎駅の駅前にはアトレ川崎やルフロン川崎など大型のショッピング施設もあり、役所などの公共施設や大型病院も揃っています。

スーパー

  • 三和ラゾーナ川崎店:約200m(徒歩3分)

大型商業施設

  • ラゾーナ川崎:約100m(徒歩2分)
  • アトレ川崎:約700m(徒歩10分)
  • 川崎ルフロン:約950m(徒歩12分)
ラゾーナ川崎に入る主なショップ(2020年4月現在)
  • スーパー三和
  • ローソン
  • ラゾーナ川崎郵便局
  • ホームセンターユニディ
  • ビックカメラ
  • 109シネマズ川崎
  • ザ・ダイソー
  • アカチャンホンポ
  • コナミスポーツクラブ

医療機関

  • 大田総合病院:約800m(徒歩10分)
  • ナビタスクリニック:約400m(徒歩5分)

金融機関・ATM

  • みずほ銀行銀行ATM:約300m(徒歩4分)
  • 川崎信用金庫ATM:約200m(徒歩3分)
  • 横浜銀行ラゾーナ川崎支店:約300m(徒歩4分)

郵便局

  • ラゾーナ川崎郵便局:300m(徒歩4分)

サンクタス川崎タワーの住環境

マンション周辺の自然環境

  • 中幸町3丁目さくら公園:約100m(徒歩2分)
  • 諏訪公園:約300m(徒歩4分)
  • 南河原町公園:約650m(徒歩8分)
サンクタス川崎タワーのすぐ近くには中幸町3丁目さくら公園があります。小さな公園ですが、幼児用のすべり台もありますので、未就学児を遊ばせるスポットに適しています。少し大きめな公園だと南河原町公園です。水遊びもでき、春には満開のさくらを見ながらお花見を楽しむこともできます。また、多摩川の河川敷まで1kmちょっとですので、気候のいい時期は河原でピクニックなども良いでしょう。

教育環境

小中学校

  • 市立幸町小学校:560m(徒歩7分)
  • 市立南河原中学校:240m(徒歩3分)
市立幸町小学校は創立90年を超えた歴史ある小学校です。公立小学校ですので、先生が転勤などで変わりますので、授業のレベルは他の公立小学校と大きく変わりません。交通利便性が高い立地ですので、東京や神奈川の各地の私立学校に通学するにも便利な環境です。

保育園

  • アスク川崎西口保育園:約400m(徒歩5分)
  • たいよう保育園:約400m(徒歩5分)
  • ドリームマーチ保育園:約450m(徒歩5分)
川崎駅の駅前には上記3つの保育園の他にも多数の保育施設が運営されていますので、川崎市のホームページでご確認ください。2020年5月の受入可能児童数が川崎市ホームページに掲載されていますが、アスク川崎西口保育園では満員のため受入ができず、空き待ちも二桁です。他の園もほとんどが満員状態ですので、保育施設の利用を検討されている方は、事前に川崎市に相談するなど情報を集めておいた方が良いでしょう。

治安

神奈川県警の公表データによると、サンクタス川崎タワーが存する幸区における2019年の1年間に発生した犯罪件数は709件です。川崎市の中では、中間くらいの発生件数ですので、特別犯罪が多い地域ではありません。とはいえ、川崎駅は大きな繁華街を抱えていますので、犯罪に巻き込まれないように身の回りの防犯に注意しましょう。

交通事故件数

神奈川県警幸警察署が公表している幸区の2019年交通事故発生件数は261件と報告されています。区内の各地域別の発生件数も公表されていますが、サンクタス川崎タワー周辺の地域が特別事故が多いわけではありません。川崎駅に近く、大型商業施設のラゾーナもありますので、周辺の交通量は豊富です。しっかりとルールを守って交通安全に気を付けるようにしましょう。

ハザードマップ

川崎市の洪水ハザードマップによると、サンクタス川崎タワーの周辺は、0.5〜3.0m近くまで浸水する危険性があるエリアに指定されています。これは最大規模の降雨(2日間の総雨量が588mm)が発生し、多摩川が氾濫した際の浸水の状況をシミュレーションしています。2019年の台風において、多摩川に近い地域では、多数の河川氾濫が発生しました。同じ川崎市内の武蔵小杉駅のタワーマンションが地下設備に水が流入し、住戸は無事だったもののマンションとして機能不全に陥ったニュースは記憶に新しいところです。今後、河川に近いタワーマンションでは同様の被害を受けない対策が求められていくでしょう。

まとめ

サンクタス川崎タワーは、大型ショッピングモールのラゾーナ川崎を日常使いできる便利な立地にあるタワーマンションです。中間階の吹き抜けのパティオという秀逸な設計は緑を感じられる他、2面採光の住戸が増えるという側面もあります。タワーマンションは一般的に内廊下でバルコニー側しか採光が取れない設計が多いなか、2面で採光が得られる住戸は、中古になっても高い資産価値が評価されるでしょう。他のマンションと見比べながら、ぜひその違いを感じていただきたいマンションです。
【おすすめ記事】プロが教える中古マンション値引き交渉成功の鍵とは?交渉セリフまで徹底解説
株式会社Housmart
株式会社Housmart
マンションジャーナル編集部

中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。