【特集】コートレジデントタワーの魅力に迫りました!

2018.11.14
【特集】コートレジデントタワーの魅力に迫りました!

コートレジデントタワーのメリット

  • 小石川後楽園すぐそばの自然環境豊かな周辺環境
  • マンション南側は視界を遮る建物がない
  • JR中央・総武線「水道橋」駅まで徒歩6分の好立地

コートレジデントタワーのデメリット

  • 南側住戸では首都高速の騒音・排気ガスなどが気になる場合もある
コートレジデントタワーは、2007年1月に建築された中古タワーマンションです。最寄り駅であるJR中央・総武線「水道橋」駅までの徒歩分数は6分で、交通利便性の非常に良好な立地に建っています。何といっても部屋からの眺望のよさが特長で、マンション北側は東京ドームや東京ドームホテルなどがある「東京ドームシティ」や、自然豊かな小石川後楽園があり、南側には首都高速が通っているために、住戸内からの眺望の妨げになるような建物が周辺に少ないのがメリットと言えます。マンションは新宿区や千代田区に隣接し、都会的な雰囲気漂う文京区内にありますが、周辺には小石川後楽園や礫川公園などの自然豊かな公園が身近にあり、休日の憩いの場として活用することができます。今回は、都会の雰囲気を身近に感じながら、周辺に自然環境が溢れている魅力的な中古タワーマンションであるコートレジデントタワーの魅力をお届けしたいと思います。

コートレジデントタワーの概要

コートレジデントタワーの資産価値

街のブランド力

コートレジデントタワーは、文京区後楽に建つ中古タワーマンションです。同エリアにおいては、東京ドームや東京ドームホテルなどがある「東京ドームシティ」などの観光スポットなどを始め、自然豊かな表情を見せる「小石川後楽園」、「礫川公園」などがあり、「楽しむ」ためのレジャー施設と「憩う」ための施設が共存しています。特に「東京ドームシティ」においては、大型の商業施設の他、プロ野球球団の読売ジャイアンツの本拠地である「東京ドーム」があり、プロ野球開催日などはもちろん、有名アーティストのコンサート開催日などは多くの人で賑わうスポットになっています。温泉やサウナ、マッサージバスを備え、買い物や飲食店なども楽しむことができる「ラクーア」もあり、様々な楽しみ方のできる施設が集結しているエリアとも言えます。

街の将来性

文京区内においては複数の再開発プロジェクトが完了済みであり、コートレジデントタワー周辺も非常にきれいに整備された街並みが特長です。多くの商業施設などはもちろん、オフィスビルなども含めた街の景観は「都会的」と呼ぶにふさわしく、エリアのブランド性を高めているということができます。「春日」駅の西側で「後楽園」駅の北側のエリアにおいては、事務所や住宅、店舗、駐車場などが共存する最大高約140mの大型複合施設の建築を含む再開発事業が現在進行形で進められています。本事業計画の中では、「グリーンバレー」と呼ばれる当該街区を南北に貫く緑豊かな広場空間を確保することにより、訪れた人々だけではなく周辺住民にとっての憩いの場としても活躍が期待できます。こうした再開発事業の進行に伴って、このエリアを訪れる人々は増加していくものと思われ、周辺エリアの資産価値にも好影響を及ぼすことが期待されています。

マンションのブランド力

コートレジデントタワーは、分譲・施工ともに鹿島建設が手掛けた中古タワーマンションです。鹿島建設と言えば、1840年に創業した日本の大手総合建設会社であり、東証一部にも上場するなど、「スーパーゼネコン」としても国内の大手建設会社トップ5に入る企業です。最も得意としている事業は超高層ビル事業であり、国内最初の超高層ビルである三井不動産霞が関ビルや新宿パークタワーなど、街のランドマークとなるような大型建物の建築に圧倒的な強みを持っています。マンション建設事業に関しては、分譲・施工ともに鹿島建設が手掛けるのは本マンションが初めての事例ではありますが、「さすが鹿島建設」とうならせるような技術がふんだんに投入されています。特にコートレジデントタワーに関しては外観に特殊ガラスを使用しており、先進的かつシャープな外観を形成しています。さらに中間梁工法によって開口部を広く採ることに成功しており、窓側に関しては足元から窓ガラスを立ち上げることができているため、他のマンションと比較しても抜群の眺望のよさを実現しています。マンション北側に隣接する小石川後楽園や東京ドームシティを一望することができる開放感は、コートレジデントタワーの最大の魅力の一つと言えるでしょう。

マンションの立地条件

  • JR中央・総武線「水道橋」駅下車 徒歩6分
  • 東京メトロ東西線「飯田橋」駅下車 徒歩6分
  • 都営三田線「水道橋」駅 徒歩7分
  • 都営大江戸線「飯田橋」駅 徒歩7分
  • JR中央・総武線「飯田橋」駅 徒歩8分
JR中央・総武線「水道橋」駅まで徒歩6分の好立地です。水道橋駅だけではなく飯田橋駅もほぼ同距離の位置にあるため、この2駅から必要に応じてJR中央・総武線、東京メトロ東西線、都営三田線、都営大江戸線の合計4路線を任意に選択して利用することが可能です。千代田区と新宿区に隣接する文京区の立地条件の良さは当マンションの住人も大いに享受することができます。最寄り駅の水道橋駅から新宿駅まで13分、池袋駅まで16分、渋谷駅まで20分、東京駅までは7分で到着することができます。こうした駅周辺に勤務先や学校があるという方にとっては、通勤・通学のストレスを大幅に軽減させることができそうです。

コートレジデントタワーの共用施設・設備グレード

共用施設

  • コンシェルジュカウンター
  • 24時間有人管理
  • ラウンジ
  • 内廊下仕様
都内中心部に近い立地にあることに加え、質の高い共用施設もコートレジデントタワーの魅力です。コンシェルジュカウンターにおいては専任のコンシェルジュが、マンション住人の要望に応える体制を構築しており、様々なサービスを提供しています。コンシェルジュの常駐するマンションは基本的には「高級マンション」と呼んで差し支えないレベルです。共用部に完備されているラウンジは外観と同じく先進的でシャープな印象を与える造りになっており、ハイサッシュの窓からは光にあふれる外の景色を見渡すことができます。共用廊下は内廊下仕様になっていますが、マンションの中央部分は吹き抜けになっており、住人のプライバシー性を確保しながらも柔らかい日差しが差し込むようなレイアウトになっているのも特長です。単に内廊下になっているだけだと、開放感に欠けるという意見を持つ方も中にはいらっしゃいますが、コートレジデントタワーは、内廊下仕様と外廊下仕様のいい部分を両立させた構造になっているのです。さらに、24時間有人管理であるという点も魅力的です。一般的な中古マンションの場合、マンションに「管理人が常駐」と表記されていても日勤だけの場合が多いのですが、コートレジデントタワーの場合は夜間でも専任の警備員がマンション内外を厳重に管理しているため、マンション内にいる限りは何らかの犯罪被害に遭う心配をする必要はなさそうです。

設備

共用部

  • 駐車場
  • 駐輪場
  • オートロック
  • 宅配ボックス
  • ディンプルキー
  • 防犯カメラ
  • エレベーター
  • トランクルーム
  • 各階ゴミ置き場
共用部分に完備されている共用設備に関しては「宅配ボックス」と「トランクルーム」が住人の生活利便性を大きく向上させる設備と言えます。宅配ボックスの主な機能としては、部屋を不在にしているときに宅配便が来た場合、代わりに受け取ってくれるというものです。宅配ボックスのない従来の中古マンション場合は再配達を依頼するか、直接宅配業者の店舗や事務所まで荷物を受け取りに行くほかなく、宅配業者にとっても荷物受取者にとっても大変不便な思いを強いられてきました。宅配ボックスがマンションに完備されていることによって、わざわざ宅配物の配達時間を意識して在宅する必要はありませんし、不在の際に再配達の依頼をするような面倒なやり取りをしなくてもよくなります。トランクルームの便利な点は、部屋内で発生した荷物を部屋外に保管することができるという点です。マンションは共同住宅のため、管理規約や使用細則によって生活に様々な制約がかけられます。特に基本的に部屋内で発生した荷物は専有部分以外で保管することができないため、入居後にライフスタイルの変化によって荷物が増えてしまうと生活スペースが狭くなるなどの弊害も考えられます。トランクルームが完備されていると、部屋内で発生した荷物を当該トランクルームで保管することができるようになるため、部屋内に不要な荷物が増えていくのを防ぐことができるのです。各階にゴミ置き場が完備されているという点も、生活利便性の向上につながります。各階にゴミ置き場がないケースだと、ゴミを捨てに行くためにわざわざ朝の通勤時間帯に1階のゴミ置き場まで行く必要があり、大変な手間となってしまいます。各階にゴミ置き場が完備されることによって、最小限の労力でゴミを処分することが可能になります。

専有部

  • BS、CS
  • CATV
  • TVモニター付きインターホン
  • 24時間換気システム
  • 玄関ダブルロック
  • ディンプルキー
  • ハイサッシュ
  • システムキッチン
  • 温水洗浄便座
  • ディスポーザー
  • ウォークインクローゼット
  • 浴室乾燥機
  • 追焚機能付き浴槽
コートレジデントタワーの最大の特長である中間梁工法によって高い天井高が確保されているとともに、開口部を大きく採ることに成功しています。これによって、部屋内からの非常に開放的な眺望を楽しむことができます。近隣の小石川後楽園や東京ドームシティなどの施設を一望することができる住戸もあります。さらに築10年超の中古マンションながら、防犯性能にも配慮した構造になっている点にも魅力があります。TVモニター付きインターホンは、部屋の中にいながら来訪者の顔などを把握することができるため、アポイントのない来客があった場合でも相手と顔を合わせることなくお帰りいただくことが可能です。しかも玄関ドアは防犯性の高いディンプルキーをダブルロックで採用しており、仮にピッキング等によりシリンダーの不正開錠を試みられたとしても侵入に膨大な時間を要してしまうため、侵入窃盗の防止を図ることができます。

駐車場

コートレジデントタワーには駐車場が併設されています。車を持っている方にとっては敷地内に駐車場を契約することができるのは一つの利点ですが、機械式駐車場設備は屋外にあるため、駐車車両が常に外気にむき出しになってしまう関係上、車両の劣化には注意する必要があります。

耐震性

コートレジデントタワーは2007年に建築された中古マンションですので、新耐震基準(2006年)に対応しています。2006年改定以前の耐震基準では、「震度6強から7の地震で倒壊しない」「震度5強程度の地震で損傷しない」という2点が定められていましたが、新耐震基準においては、「建築確認および検査の厳格化」「マンションに対する構造計算書審査」の項目が新たに追加されています。

コートレジデントタワーの利便性

交通利便性

最寄り駅はJR中央・総武線「水道橋」駅です。コートレジデントタワーからは徒歩6分の位置にあります。各方面への移動に際しては水道橋駅の他、飯田橋駅も使うことができ、合計4路線が利用可能です。マンション自体が都内中心部に限りなく近い場所にあるために、電車や地下鉄を利用した移動にもストレスがあまりなく、場合によっては通勤や通学を自転車や徒歩で済ませてしまうことができるほどです。

生活利便性

スーパー

コートレジデントタワーの周辺エリアには、多くの種類のスーパーがあります。営業終了時間が深夜になっているものもあるため、平日の帰宅が遅いサラリーマンの方などにとっても便利です。
  • 「まいばすけっと飯田橋駅北店」徒歩8分(600m)
  • 「三徳飯田橋店」徒歩10分(750m)
  • 「Miuraya飯田橋ラムラ店」徒歩10分(800m)
  • 「成城石井東京ドームラクーア店」徒歩10分(800m)

大型商業施設

近隣の大型商業施設は以下の通りです。特に「東京ドームシティ」においては敷地内にホテルや遊園地、キッズ施設、商業施設、グルメ街、シアターなどが集結しており、休日だけではなく平日でも多くの家族連れやカップルなどで賑わっています。同じく東京ドームシティ内にある東京ドームでは、プロ野球の試合だけではなく有名アーティストのコンサートなども頻繁に行われており、東京都内からはもちろん、関東圏外からも多くの人で賑わっています。
  • 「東京ドームシティ」徒歩7分(550m)
  • 「メトロ・エム後楽園駅ビル」徒歩10分(750m)

病院

コートレジデントタワー周辺に存在する病院・歯科医院については以下の通りです。
  • 「おおたき循環器内科クリニック」徒歩1分(60m)
  • 「アーク歯科インプラントセンター」徒歩2分(150m)
  • 「後楽園クリニック」徒歩4分(250m)
  • 「水道橋歯科クリニック」徒歩4分(280m)
  • 「ケイアイ飯田橋クリニック」徒歩7分(500m)
  • 「飯田橋ガーデンクリニック」徒歩7分(500m)

コンビニ

コートレジデントタワー周辺のコンビニは以下の通りです。
  • 「ローソン東京ドームシティ店」徒歩3分(220m)
  • 「ファミリーマート三崎町三丁目店」徒歩4分(270m)
  • 「セブン・イレブン飯田橋アイガーデンテラス店」徒歩4分(300m)
  • 「ファミリーマート水道橋西通り店」徒歩5分(350m)
  • 「ファミリーマート水道橋駅西口店」徒歩5分(400m)

金融機関・ATM

コートレジデントタワー周辺にある主な金融機関は以下の通りです。この他、各銀行のATMや出張所などに関しては周辺エリアに多数存在しています。
  • 「中ノ郷信用組合三崎町支店」徒歩5分(400m)
  • 「きらぼし銀行春日町支店」徒歩12分(950m)
  • 「中央労働金庫本郷支店」徒歩13分(1.0km)
  • 「三菱UFJ銀行春日町支店」徒歩14分(1.1km)

郵便局

「東京ドームシティ郵便局」が徒歩3分(240m)の場所にあります。

コートレジデントタワーの住環境

マンション周辺の自然環境

コートレジデントタワーの北側には、たくさんの木々に触れ合うことができる小石川後楽園があります。こちらの敷地内では遊歩道も整備されており、休日の散歩やジョギングにも最適です。後楽園駅近くには礫川公園がある上に、マンション周辺には多種多様な街路樹が植えられているため、都会の雰囲気の中にありながらも緑を身近に感じることができます。

教育環境

保育園

コートレジデントタワー周辺の保育園は以下の通りです。
  • 「テンダーラビング保育園小石川」徒歩5分(350m)
  • 「キッズスクウェア東京ドームホテル」徒歩5分(400m)
  • 「文京区立グループ保育室こうらく」徒歩9分(700m)
  • 「文京区立後楽幼稚園」徒歩9分(700m)
  • 「小学館アカデミー小石川保育園」徒歩12分(950m)
  • 「ポピンズナーサリースクール本郷」徒歩13分(1.0km)
  • 「グローバルキッズ春日園」徒歩17分(1.3km)
コートレジデントタワー周辺には、上記のように多くの保育施設があります。徒歩圏内であることに加え、周辺には多くの商業施設や複合施設、自然豊かな公園などがあるため、子育てをするにはうってつけの環境と言えます。日中は働いている人にとって上記のような保育園に子供を預けることができれば、快適な子育てライフを送ることができるかと思われます。しかしながら、文京区における様々なデータからは、同区内における子育てに関する課題が見えてきます。例えば、2018年4月1日現在の待機児童は100名となっています。これは2017年4月1日現在の102名と比較するとわずかに減少しているとは言え、依然として高い数値です。(参考:http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/07/30/documents/0730_04_01.pdf東京23区内のいずれの区も子育て環境の整備に関しては重点的に取り組んでおり、杉並区や豊島区、千代田区においてはいずれも待機児童数が0名となっています。こうした区と比較すると「子供を保育園に預けることが難しい」という現状が改めて浮き彫りになったと言えるでしょう。文京区では認可保育所や私立認可保育所の開設などを通じて子育て環境の整備に注力しており、今後ますますの対策が望まれるところです。(参考:http://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0123/7495/shiryo03.pdf

小中学校

【コートレジデントタワーの学区】
  • 文京区立礫川小学校 徒歩16分(1280m)
  • 文京区立金富小学校 徒歩17分(1360m)
  • 文京区立第三中学校 徒歩13分(1040m)
コートレジデントタワーは、礫川小学校と金富小学校、第三中学校の学区です。いずれの学校も徒歩10分以上はかかる比較的遠い距離にあり、マンション周辺は交通量の多い箇所が数か所あるため、登下校時には注意が必要です。

治安

警視庁では東京都内の各エリアにおける犯罪発生状況のデータを「犯罪情報マップ」にまとめています。同データからは、コートレジデントタワー周辺においては東京ドームシティを中心に、ひったくりや車上狙いなどの被害が比較的多数発生しており、注意が必要です。東京ドームシティは関東圏からだけではなく、全国各地から日々多くの観光客が訪れるスポットです。したがって、休日は特に多くの人が集まる傾向にあるため、トラブルに巻き込まれないような意識づけは必須です。(参考:http://www2.wagmap.jp/jouhomap/Map

交通事故件数

2017年の1年間において、コートレジデントタワー周辺の交通事故発生件数は、1㎢あたり10~20件程度というデータが出ています。特に交通量が多い白山通りでは負傷事故が多数発生しており、壱岐坂下交差点では2017年に1件の死亡事故が発生しています。マンション前面道路においては複数件の負傷事故が発生しているなど、交通事故には万全の準備と備えが必要不可欠です。(参考:https://www2.wagmap.jp/jikomap/Map

ハザードマップ

文京区においては、総雨量690mmかつ時間最大雨量153mmの豪雨災害発生時を想定し、同区内の浸水想定状況を図示した「文京区水害ハザードマップ」を策定しており、同区のホームページ上にて公表しています。基本的にはコートレジデントタワー周辺においては目立った浸水被害は想定されておらず、浸水の程度のひどいところでも20~50cm程度の床下浸水が予想されるにとどまっているために、急迫の危険が迫っているというわけではなさそうです。(参考:http://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0163/6152/20181016132022.pdf

まとめ

コートレジデントタワーは、近隣に東京ドームシティなどの魅力的な商業施設や複合施設が複数存在しており、生活に潤いを求めている方にはぴったりの中古マンションです。東京ドームに徒歩でアクセスすることができる環境に住むこと自体が、すでに大きなステータスを手にしていると言えるのです。周辺に多数存在する自然環境も大きな魅力です。四季折々の表情を見せてくれる小石川後楽園や礫川公園などもマンションからすぐ近くにありますし、マンション周辺の歩道にも多くの街路樹が配置されており、都心部にありがちな殺風景な景色はそこにはありません。都内中心部へのアクセス性も良く、合計4路線が利用可能な最寄駅から、都内の各エリアに気軽にアクセスすることができます。通勤や通学に電車・地下鉄を利用したいと考えている方にもおすすめしたい中古マンションです。「都会に近いけど、自然が周りに少ない」や「自然は周りに多いけど、都内から少し遠い」のような悩みを抱えている方は、コートレジデントタワーを中古マンション選びの候補に加えてみてください。このマンションに住まうことで、都内へのアクセス性や周辺環境など多くのものを手に入れることができるでしょう。
【おすすめ記事】プロが教える中古マンション値引き交渉成功の鍵とは?交渉セリフまで徹底解説
株式会社Housmart
株式会社Housmart
マンションジャーナル編集部

中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。