代官山アドレス ザ・タワーは、駅直結の高級タワーマンション!!

2018.04.16
代官山アドレス ザ・タワーは、駅直結の高級タワーマンション!!

代官山アドレス ザ・タワーのメリット

  • 代官山駅直結の中古タワーマンション!
  • 複合施設「代官山アドレス」の一部で、利便性が高い
  • 代官山唯一のランドマークとなる中古タワーマンションで、資産性に優れている

代官山アドレス ザ・タワーのデメリット

  • 築年数の古さは少しネックに感じる方がいるかもしれません
「代官山」の名の由来には、代官の屋敷があったという説や代官が管理する山林があったという説が残されています。広めの敷地が残されていたことから、関東大震災後の住宅不足に対応するために同潤会という組織が発足し、1927年に代官山アパートメントという名称のマンションが建設されました。当時は先進的な設備を有するマンションでしたが、時代の流れから設備の老朽化が進みました。おしゃれな街として知られる代官山駅の駅前に5976坪という広大な敷地を有し、25%という低い建蔽率で建設された代官山アパートメントは再開発に最適な建物でした。代官山アパートメントが有する駅前の好立地にて再開発により誕生したのが「代官山アドレス」です。住宅部分は36階建ての中古タワーマンション「ザ・タワー」を中心に501戸、ショッピングセンター「ディセ」や渋谷区の公共施設である「代官山スポーツプラザ」が併設されているため、駅近立地と充実した周辺施設を備えた利便性に優れるマンションです。

代官山アドレスの概要

代官山アドレスの総合評価

資産性評価の根拠

都心部に近い立地にありながら、最寄駅から徒歩2分の立地条件は非常に希少性が高く、高い資産性が見込めます。JR山手線の恵比寿駅や渋谷駅も徒歩圏で捉える立地にあり、渋谷駅の駅前で続く再開発の恩恵を受けられる立地でもあります。代官山エリア唯一のタワーマンションとしてそびえ立ち、地域のシンボルとなっている点、世界的に有名な建築家ロバートザイオンがデザインを手がけたモダンな造りは築年数が経過しても資産価値が色褪せることはありません。代官山駅がターミナル駅では無いことから1ポイントを減点していますが、地域唯一のタワーマンションでもあるので、立地や建物の特性から満点に近い資産性を有していることは間違いありません。

利便性評価の根拠

住居部分の「ザ・タワー」と同時に「ディセ」というショッピングセンターが建設されており、日常のお買物に大変便利な住環境です。「ディセ」はフランス語で“17”という意味であり、17番地を指しています。日常的に利用するスーパーやドラッグストアの他、ファッション系のショップ、ベビー・マタニティ専門店など多種多彩なお店が揃う施設です。代官山エリアはおしゃれな街として名を馳せるエリアであり、「ディセ」以外にも街中にはハイセンスなセレクトショップや飲食店が揃っています。東急東横線は副都心線との相互直通運転を2013年から開始しており、代官山駅から渋谷駅の他、新宿駅や池袋駅にも1本でアクセスでき、都内各所へ手軽にアクセスできる利便性の高い立地です。

設備グレード評価

自由の女神があるアメリカのリバティ島の設計を手がけたロバートザイオンが代官山アドレスのランドスケープの基本デザインを手がけました。広大な敷地を1つの家に見立て、計7つのコモンスペースが設けられた敷地は、地域住民にも親しまれています。IHクッキングヒーター、ディンプルキー、食洗機、マルチメディアコンセントなど充実した室内設備を有している一方、既に竣工から18年が経過しているため、現在の新築マンションと比べると見劣りする設備もあります。ディスポーザーやミストサウナ、タンクレストイレなど室内設備の技術進歩は日進月歩を続けています。入居の際は、室内設備のリフォームを含めて検討する時期を迎えています。

ブランド力評価

施工は日本を代表するゼネコンである鹿島建設と大成建設、設計は多くの再開発を手掛ける日本設計が主体となっている点ではブランド力に優れているマンションです。「パークタワー」「シティタワー」「プラウドタワー」など財閥系の大手ディベロッパーが掲げるマンションブランドではありませんので、マンションの名称としての知名度は低いかと思いますが、代官山をイメージするとき「代官山の駅前にあるタワーマンション」として想起されるマンションです。

住環境評価

代官アドレス渋谷区スポーツプラザ、ショッピングセンターディセを併設しており、敷地内に多数のスペースと緑地を有しており、良質な住環境が保たれています。雑貨店、レストラン、カフェ、セレクトショップ、良質なお店が立ち並ぶ街で駅至近の立地ですので、住環境としては最高評価に値します。

代官山アドレスの駐車場

代官山アドレスの駐車場タイプは、「機械式」となっております。

AタイプとBタイプがあり、大きさや重量制限が異なります。大きめのお車をお持ちの方は、Aタイプの空きがないかどうかを確認してみましょう。
  • Aタイプ:中段42,000円 上段・下段40,000円(全長5,000/幅1,850/高さ1,550/重さ1,900)
  • Bタイプ:中段37,000円 上段・下段35,000円(全長5,000/幅1,800/高さ1,550/重さ1,700)

まとめ

代官山で唯一のタワーマンションには、他に代わりのない圧倒的な希少価値があります。また、利便性が高いというイメージはそれほどない代官山エリアですが、代官山アドレスにはファッションや雑貨店の他にも、スーパーや100円ショップ、渋谷区のスポーツプラザなど敷地内でことが済んでしまいそうなほどです。マンション自体も非常にクオリティーが高く、グレードの高い専有部や高層階からの開けた眺めも大きな魅力です。お値段は張りますが、是非とも一度ご覧頂きたい高級タワーマンションです!
株式会社Housmart
株式会社Housmart
マンションジャーナル編集部

中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。