豊洲市場の屋上緑化エリアに行ってきました!

2017.11.25
豊洲市場の屋上緑化エリアに行ってきました!
築地から新しく市場が移転する「豊洲市場」の屋上緑化エリアが1日限定で開放されると聞いて、さっそく行ってみました。土壌問題や諸々の交渉でまだ移転は実現していませんが、すでに建物は完成している豊洲市場。一体豊洲市場は今、どんな状態なのでしょうか?

豊洲市場の位置関係

豊洲市場の地図をざっと見てみましょう。最寄駅はゆりかもめの「市場前」駅。今のところ豊洲市場以外に、ドーム型のランニング施設新豊洲Brilliaランニングスタジアムや、客席を囲むように配置された舞台が移動するIHIステージアラウンド東京があります。市場前駅マップ市場前駅の南東にあるのが「豊洲市場青果棟」西側にあるのが「豊洲市場水産仲卸売場棟」です。屋上緑化広場は、この西側の「豊洲市場水産仲卸売場棟」にあります。一番近くのマンションとしてはスカイズタワー&ガーデンベイズタワー&ガーデンなどが最寄りのマンションとなっています。有明エリアのタワーマンションもゆりかもめで1駅の距離です。

市場前駅から豊洲市場水産仲卸売場棟へ

それでは早速、屋上緑化エリアに行ってみましょう。駅から降り立つと、豊洲新市場1日開放のチラシを配っていました。豊洲市場屋上緑化エリア1日開放のチラシペデストリアンデッキを歩いていくと、工事中の環状2号線が見えてきました。市場前駅市場前と晴海を繋ぐ豊洲大橋は完成しています。現在は晴海の工事車両だけが通れます。見晴らしが良さそうな豊洲大橋。早く一般開放されると良いですね。環状2号線が見えてきました。環状2号線の手前の空き地は清水建設による開発予定エリア。大規模なオフィスとホテルの開発が予定されています。2021年3月末の竣工予定とのことです。豊洲市場管理施設環状2号線を通り過ぎると、豊洲市場管理施設が見えてきました。豊洲市場水産仲卸売場棟まで、もうすぐです。豊洲市場水産仲卸売場棟は3階に見学ギャラリー、5階に屋上プロムナードがあり、5階から屋上緑化広場にいけます。豊洲市場水産仲卸売場棟5階こちらがエレベーターで上がった5階の屋上プロムナード。いよいよ豊洲市場の屋上緑化エリアへ到着です。

豊洲市場の屋上緑化エリア

豊洲市場の屋上緑化エリア到着しました!こちらが豊洲市場の屋上緑化エリア11月末ということで芝生は乾燥していますが、靴が半分ほど埋まってしまうほど、ギッシリと芝生が植えられています。かなり広々としています。こちらは晴海方面。縁の部分は、コンクリートになっていました。晴海の奥にトーキョータワーズドゥトゥールティアロレジデンスクロノレジデンスなどの湾岸エリアのタワーマンションが見えます。こちらは晴海埠頭側。豪華客船が泊まっているのが見えますね。豊洲市場の屋上緑化エリアはかなりの広さで、品川エリアのタワーマンション群、レインボーブリッジも見ることが出来ます。豊洲市場の屋上緑化エリア1日限りの開放でしたが、数多くのファミリーが訪れていました。豊洲大橋や有明通りも見えます。まさに都心の絶景を一手に見ることが出来る場所です。

まとめ

↑掲示されていた豊洲市場の全景

豊洲市場の屋上緑化エリアに行った感想としては、本当に常時開放していないのがもったいなさすぎる程、良い施設だということです。市場前は、豊洲ぐるり公園などもあり、豊洲市場の屋上緑化エリアが開放されれば、都内有数の人気スポットになることが予想されます。千客万来の撤退などのニュースがありましたが、是非商業施設も含めた開発が行われることに、期待が集まります。>>豊洲エリアのマンションをチェックしてみる▼【動画】豊洲エリアの人気の理由「住みやすさ」を現地で確認してきました! ※スターコート豊洲をはじめ、人気マンションも多数紹介しています!
株式会社Housmart
株式会社Housmart
マンションジャーナル編集部

中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。