【特集】パークコート目白近衛町の魅力に迫りました!

2018.11.14
【特集】パークコート目白近衛町の魅力に迫りました!

パークコート目白近衛町のメリット

  • 三井不動産の高級マンション「パークコート」シリーズ
  • JR山手線「目白」駅から徒歩5分の好立地
  • 総戸数16戸のプライベートマンション

パークコート目白近衛町のデメリット

  • 築年数がやや長い

パークコート目白近衛町

パークコート目白近衛町は、1998年5月に建築された高級中古マンションです。新宿区下落合という閑静な住宅街の中にありながら、JR山手線「目白」駅から徒歩5分という利便性の高さを備えています。「新宿区」と言えば高層マンションや多数のオフィスビル、大型商業施設などが多数立ち並ぶ大都会のイメージをお持ちの方も多いかと思われますが、パークコート目白近衛町周辺においてはそうした「大都会」の雰囲気はほとんどなく、背の高いマンションやオフィスビルなども近隣にはないため、静かな環境で落ち着いて生活を送りたい方にはうってつけの環境となっています。昨今、高層タワーマンションや大規模マンションの建築が話題に上ることが多いですが、パークコート目白近衛町は総戸数16戸の「プライベートマンション」という側面を持っています。少ない戸数だからこそ住人同士の結びつきが強く、何か不測の事態が発生した場合にも一致団結して解決に向けて話し合いを持つことができる側面もあります。今回のコラムでは、新宿区という魅力的な立地と、静謐な生活環境を兼ね備えた理想的な高級中古マンションである「パークコート目白近衛町」を特集していきます。

パークコート目白近衛町の概要

パークコート目白近衛町の資産価値

街のブランド力

パークコート目白近衛町が建つ新宿区下落合は、最寄り駅がJR山手線「目白」駅となっています。目白駅周辺には学習院大学のキャンパスがあり、学生街としても知られています。目白駅周辺を歩けば、多くの学生の姿を見ることができる他、学生相手の飲食店や商店などが点在しており、街全体に活気がある印象です。ただし、マンション周辺に関しては賑やかな雰囲気はあまり感じられない上に、周辺エリアが「第一種低層住居専用地域」となっているために背の高い建物がほとんどなく、とても閑静なエリアとなっています。目白駅周辺、特に同駅から見て北西や南西エリアはいわゆる高級住宅街と呼ばれており、パークコート目白近衛町もそのエリア内に位置しています、マンション周辺には「豪邸」と呼べるような一戸建てや高級マンションが多数立ち並んでおり、そのことが、街自体のブランド力およびステータス性を物語っています。「目白に住んでいる」ということ自体が、そこに住む方にとっての誇りでもあるのです。

街の将来性

新宿区に関して言えば、多数の再開発プロジェクトが進行中、もしくは完了済みです。特に新宿駅前は超高層ビルや大型商業施設、複合施設などが立ち並んでおり、「都会」の街並みを構成しています。一方で、パークコート目白近衛町を中心とした目白駅周辺エリアにおいては大規模な再開発事業などは行われておらず、「都会的な」イメージのある新宿区内にありながらも閑静な住宅街の雰囲気を作り出しており、周辺エリアの住人にとっては「住みやすく」「過ごしやすい」エリアであると言えそうです。とは言え、パークコート目白近衛町がJR山手線目白駅から徒歩5分という好立地のため、山手線の沿線への移動をストレスなく行うことができる点で、人々の憧れの的となっている側面もあります。今後もエリアとしての人気が衰えていくことは考えにくく、将来にわたって中古マンションの資産価値を維持・向上し続けていくことができるエリアと言えます。

マンションのブランド力

パークコート目白近衛町は、三井不動産が施主となって、三井建設が施工した高級中古マンションです。施主の三井不動産に関しては、長きにわたって日本の不動産業界のリーディングカンパニーとしての立ち位置を堅持し続けている超大手企業であり、同社が手掛けるマンションのブランド力の高さと品質の高さは説明不要な領域にまで来ていると言えるかもしれません。「三井に住んでいます」という同社のCMの有名なキャッチフレーズがありますが、「三井のマンションに住んでいる」という事実だけで、その人のステータス性とライフスタイルを全て物語ることができるほどに、非常に優れたブランドマンションシリーズを世に供給し続けています。特に、パークコート目白近衛町は「パークコート」の名を冠しています。「パークコート」シリーズは、「邸宅」の名を冠するに相応しいマンションにのみ名付けられるものであり、三井のマンションのシリーズの中でも「高級志向」のマンションであることを証明するものです。一方、施工を担当した三井建設は、2001年まで日本国内を中心に居住用マンションはもちろん、非常に多くの公共施設や商業施設などを手掛けてきたゼネコンです。2001年以降は住友建設と合併したことにより「三井住友建設」へと名称を変えましたが、現在も日本のゼネコン業界の中核をなす存在と言えます。

マンションの立地条件

  • JR山手線「目白」駅下車 徒歩5分
  • 東京メトロ東西線「高田馬場」駅下車 徒歩12分
  • JR山手線「高田馬場」駅下車 徒歩12分
  • 西部新宿線「高田馬場」駅 徒歩12分
  • 都電荒川線「学習院下」駅 徒歩14分
JR山手線「目白」駅まで徒歩5分の好立地です。同駅から山手線を利用すれば、池袋駅まで2分、新宿駅まで7分、渋谷駅まで14分、東京駅まで27分で到着することが可能です。JR山手線は都内の主要箇所にアクセスするのに大変便利な路線であり、上記のように都内中心部への移動には大変重宝することでしょう。JR山手線沿線に勤務先や学校があり、JR山手線で通勤・通学をしている方には、ぜひおすすめしたい中古マンションです。

パークコート目白近衛町の共用施設・設備グレード

共用施設

  • 内廊下仕様
パークコート目白近衛町は、20年以上の築年数が経過している高級中古マンションですが、共用部に採用されている部材や建具などに質の高さがうかがえます。軒天の桜材やさび石仕上げの床など、細かい部分への飽くなきこだわりは、「さすが三井」と感じさせるほど洗練されていますし、住人にとっての「住む喜び」「所有する喜び」を醸成しています。細部にまでこだわった設備仕様により古さを感じさせないということも言えるかもしれません。また、マンションに採用されている内廊下仕様が、より高級感を感じさせるものとなっています。外廊下仕様のマンションの場合、マンション外からも住人の動きが逐一把握できてしまいますし、外気の影響を強く受けるため、夏は暑く、冬は寒い共用廊下になってしまいます。内廊下を採用することで住人のプライバシー確保することができるとともに、空調の操作によりマンション内は快適に保つことができます。内廊下仕様を採用した中古マンションこそ、高級マンションの証なのです。

設備

共用部

  • 駐車場(1住戸1台)
※駐車場入り口にシャッターゲート
  • 駐輪場
  • マンション専用ゴミ置き場
  • 宅配ボックス
  • 防犯カメラ
  • オートロック
  • エレベーター
築20年を超える高級中古マンションながら、基本的な共用設備は確保されています。中でも宅配ボックスの有無は、中古マンション購入後の生活の快適性を大きく左右する要素であると言っても過言ではありません。宅配ボックスがあれば、仕事などでマンションを不在にしていたとしても、住人の代わりに宅配物を受け取ってくれるために、配達時間に合わせて在宅したり、再配達を依頼する手間をかけたりする必要はありません。特に夫婦が共働きの世帯などでは大活躍してくれることでしょう。また、高級住宅街の一角にあるとは言え、マンション外からの来訪者をセキュリティフリーでマンション内に入れていると、何らかの犯罪に巻き込まれる可能性が高まります。防犯カメラやオートロックなどにより、部外者のマンション内への侵入を未然に防ぐことが可能です。

専有部

  • BS、CS
  • CATV
  • TVモニター付きインターホン
TVモニター付きインターホンは、共用部分のエントランスのオートロックとも連携しており、マンションへの来訪者の顔と容貌を部屋内から、それも相手と顔を合わせることなく確認することができます。したがって、少しでも来訪者に対して「怪しい」と感じれば、お引き取りいただけばいいのです。

駐車場

パークコート目白近衛町には駐車場が1住戸1台の割合で併設されています。しかも駐車場入り口にはシャッターゲートも完備されているため、マンション敷地内の駐車場にどのような車が停まっているのか、という情報や、個々の車両のナンバープレートなどの情報もマンション外の人から秘匿することができます。また、パークコート目白近衛町の大きなメリットの一つとして、1住戸に付き1台分の駐車場が完備されているという点です。つまり、全戸が最低1台分は敷地内駐車場を確保することができているのです。資産価値の面からも「駐車場附置率100%」というのは対外的にも好印象を抱かれやすいため、投資用マンションとしても検討する余地のあるマンションということが言えるかもしれません。

耐震性

パークコート目白近衛町は1998年に建築された中古マンションですので、新耐震基準(1981年)に適合しています。当該年に改訂された耐震基準では、以下の項目が新たに義務として課されています。
  • 「震度5強以上の中規模の地震ではほとんど損傷しないこと」
  • 「震度6強から7程度の大規模の地震に対しても人命に危害を及ぼすような倒壊などの被害を生じない」
地震への備えが十分になされた中古マンションかどうかを確認する手段として、新耐震基準に適合しているかどうかをチェックしておくことをおすすめします。

パークコート目白近衛町の利便性

交通利便性

最寄り駅はJR山手線「目白」駅であり、マンションからは徒歩5分の距離にあります。前述したように、山手線は都内主要箇所に駅があるため、通勤や通学でJR山手線沿線に毎日通わなければならないという方にとっては、パークコート目白近衛町はかなり魅力的な立地ということができるでしょう。もちろんJR山手線だけではなく、東京メトロ東西線や西武新宿線、都電荒川線等の駅も徒歩圏内なため、必要に応じてこうした路線を利用するのもよいでしょう。

生活利便性

スーパー

パークコート目白近衛町の周辺エリアには、様々なスーパーがあります。詳しくは以下のリストをご参照ください。
  • 「まいばすけっと目白駅西店」徒歩6分(450m)
  • 「KINOKUNIYA entrée目白店」徒歩7分(500m)
  • 「クイーンズ伊勢丹目白店」徒歩7分(550m)
  • 「オーケーストア高田馬場店」徒歩8分(600m)
  • 「ピーコックストア目白店」徒歩9分(650m)

大型商業施設

パークコート目白近衛町は新宿区に建つ高級中古マンションであり、新宿区と言えば超高層ビルや大型の商業施設や複合型施設などを連想してしまいがちですが、マンション周辺にはこうした大型の商業施設などはありません。むしろ周辺一帯が「第一種低層住居専用地域」となっているために背の高い建物の建築はできませんし、どちらかと言えば「閑静」という部類に入るほど落ち着いた街です。大型商業施設などを休日に利用したいと考える方は、JR山手線で池袋駅や新宿駅にアクセスすることで、多くの魅力的な施設を利用することが可能です。

病院

パークコート目白近衛町周辺に存在する病院・歯科医院については以下の通りです。同エリアの傾向としては、特に目白通り沿いを中心にして歯科医院がかなり多いため、必要に応じて最適な歯科医院を選ぶことができます。
  • 「整骨院そら」徒歩4分(270m)
  • 「坂本歯科医院」徒歩5分(350m)
  • 「山崎歯科医院」徒歩5分(350m)
  • 「目白医院」徒歩5分(350m)
  • 「めじろそらクリニック」徒歩5分(400m)

コンビニ

パークコート目白近衛町周辺に存在するコンビニは以下の通りです。
  • 「ファミリーマート目白三丁目店」徒歩5分(350m)
  • 「ナチュラルローソン目白三丁目店」徒歩6分(450m)
  • 「ローソン下落合二丁目店」徒歩7分(500m)

金融機関・ATM

パークコート目白近衛町周辺にある主な金融機関は以下の通りです。目白駅周辺に銀行や金融機関は集中していますが、高田馬場駅周辺にも同様に多くの種類の金融機関が存在しています。
  • 「三菱UFJ銀行目白支店」徒歩5分(400m)
  • 「三井住友銀行目白支店」徒歩6分(450m)
  • 「第一勧業信用組合目白支店」徒歩10分(750m)

郵便局

「新目白通郵便局」が徒歩12分(900m)の場所にあります。

パークコート目白近衛町の住環境

マンション周辺の自然環境

パークコート目白近衛町近隣に「おとめ山公園」(徒歩5分・400m)があります。こちらは、整備された遊歩道で思い切り森林浴を楽しむことができる森林公園です。四季折々の表情を見せる植物に触れることで、リフレッシュする時間を与えてくれそうです。

教育環境

保育園

パークコート目白近衛町周辺の保育園・幼稚園は以下の通りです。
  • 「目白が丘幼稚園」徒歩2分(82m)
  • 「目白平和幼稚園」徒歩6分(450m)
  • 「新宿せいが子ども園」徒歩7分(550m)
  • 「落合第四幼稚園」徒歩8分(600m)
  • 「和田実学園目白幼稚園」徒歩8分(600m)
上記の保育施設は基本的には交通量の多い道路などを横断する必要なく通うことができるものであり、かつマンションから徒歩圏内の施設をリストアップしました。働きながら子供をこうした保育施設に預けるという方には使いやすいと言えそうです。そうは言っても、小さな子供がいて、パークコート目白近衛町に住みたいと考えている方は、新宿区内の待機児童に関する問題について考えなければなりません。新宿区では2018年4月1日現在の待機児童数が25名となっており、前年の27名と比べると減っているものの、それでも依然として待機児童はいるのが実情です。しかしながら、東京23区内で見ると世田谷区(486名)や江戸川区(440名)が待機児童数が圧倒的に多いため、そうしたエリアと比べれば子育てには向いている環境なのかもしれません。いずれにしても、小さな子供のいる家庭で新宿区内に住んでいる方は、保活について真剣に取り組む必要がありそうです。(参考:http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/07/30/documents/0730_04_01.pdf

小中学校

【パークコート目白近衛町の学区】
  • 新宿区立落合第四小学校 徒歩7分(560m)
  • 新宿区立落合中学校 徒6分(480m)
パークコート目白近衛町は、落合第四小学校と落合中学校の学区です。両校ともに徒歩10分圏内にあり、通学に際して目白通りなどの交通量の多い道路を通るような必要はないため、比較的安全に子供を通わせることができそうです。

治安

警視庁が定期的に更新している「犯罪情報マップ」においては、2017年に入ってからパークコート目白近衛町周辺エリアでは、他のエリアと比較して件数自体は多くないものの、特にひったくりや自転車盗などの被害が複数回発生しているようです。ひったくりに関しては、交通量の多い目白通りに発生が集中しているため、外出の際は万全の対策が必要と思われます。(参考:http://www2.wagmap.jp/jouhomap/Map

交通事故件数

新宿区下落合エリアにおいて、2017年は全体的に1㎢あたり10~20件程度の交通事故発生件数となっており、交通事故自体はゼロではないようです。マンション近傍で言うと目白通りや高田馬場駅周辺に交通事故が集中しているため、車で出かける際はもちろん、自転車を利用した外出や付近を歩く場合でも頭に入れておく必要があります。(参考:https://www2.wagmap.jp/jikomap/Map

ハザードマップ

新宿区が発表しているハザードマップにおいては、2000年に発生した東海豪雨と同規模(総雨量589mm、時間最大雨量114mm)の豪雨が発生した場合を想定して、予想される浸水被害の状況をまとめています。その中では、パークコート目白近衛町近隣では程度のひどいところで20~50cm程度の浸水が予想されていますが、床上浸水などの被害が予測されている箇所は見受けられません。ただし、マンションから多少距離のある場所を流れる神田川周辺では程度のひどいところで2~5m程度の床上浸水が想定されている箇所もあるため、豪雨災害発生時には決して他人事と思わず、自治体からアナウンスされる避難情報等に耳を傾ける必要があります。(参考:http://www.city.shinjuku.lg.jp/content/000236705.pdf

まとめ

新宿区と言えば都会のイメージが強いですが、少なくともパークコート目白近衛町周辺エリアに関しては「都会」の雰囲気は感じられず、むしろ閑静な住宅街で落ち着いた街、という印象が強いのが実情です。パークコート目白近衛町は、交通利便性が非常に高い目白駅に近く、都内各方面に容易にアクセスできる環境にありながら、都会の喧騒や人混みから一歩離れた場所にあるという、理想的な立地条件を実現している極めて希少価値の高い高級中古マンションです。しかもマンションの品質に関しても、三井ブランドの「パークコート」の名を冠するだけあり、共用部、専有部ともに高級感を感じさせるような仕様になっています。ラウンジやゲストルームなどの共用施設はないものの、シンプルで飽きの来ないデザイン性は、「さすが三井」と言えるほどに完成度の高いものです。立地条件と利便性が見事に調和し、三井の高級マンションシリーズに住まう誇りも手にすることができるパークコート目白近衛町は、都内中心部に近い場所で中古マンションを探している方にとっては、確実に抑えておくべき物件であると言えます。その利便性、高級感、立地条件を実際に体感すれば、このマンションの魅力に気付くはずです。
株式会社Housmart
株式会社Housmart
マンションジャーナル編集部

中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。