不動産会社に支払う仲介手数料の仕組みを解説!マンション売却の基礎知識

2020.06.08
不動産会社に支払う仲介手数料の仕組みを解説!マンション売却の基礎知識
マンションを売るとき、買うときに発生する仲介手数料。不動産売買に関係しなければ、馴染みのないものですよね。
  • 一体いくらなの?
  • 比率はいくら?
  • そもそも仲介手数料ってどんなもの?
  • 仲介手数料を抑える方法は?
などなど、仲介手数料にまつわる疑問・質問に中古マンション売買のプロがお答えします。

仲介手数料とは何か?

仲介手数料は、不動産仲介会社に対する報酬にあたります。仲介手数料は成功報酬のため、契約しても成約(無事に買い手がついてマンションが売れる)しなければ、支払い義務は発生しません。一社にお任せする専任媒介と、複数社に一度に依頼する一般媒介がありますが、どちらも同じく成功報酬です。また、仕組みは売りも買いもまったく同じです。仲介手数料は、不動産会社にとっての売り上げであり、事業経費でもあります。成功報酬であるため、成約するまでの売却を預かったマンションの広告費や、交通費、人件費等は成約することで、初めて補填されるのです。

仲介手数料の計算方法

マンション売却にかかる仲介手数料は「物件価格×3%+6万円+消費税」で計算できます。これは売却だけでなく購入の場合でも同じです。この「3%」という数値はあくまでも不動産会社が請求できる「上限」として決められているものです。減額したり、無料を謳うなどして、他者との差別化を狙う会社もあります。

仲介手数料半額や無料ができるのはなぜ?

半額や減額とあると、「安かろう悪かろうなのでは・・・?」というようにも思えてしまうかもしれません。そうした会社がないとは言えませんが、半額や減額している会社はビジネス上の工夫でコストカットをしていることも多くあります。不動産業界はとてもレガシーであり、手作業であったりシステムが古くお客様への連絡や提案一つとっても、大変な手間と時間がかかります。これではとても人件費や労働時間がかさんで、唯一の報酬である仲介手数料を抑えるなんてできません。近年急増している「不動産テック」というIT技術で不動産業界の常識を変革していく新しい流れです。AIの力で物件を自動提案したり、ARで物件見学ができるシステムや、ユーザーがそれまでは不動産営業担当に任せていた細かい物件の情報を自分で調べることができるアプリなど、人が物理的に動かないことによって削減したコストを還元しています。これまでの業界とは異なるアプローチで集客や事業を行なっているのです。

避けねばならない「囲い込み」について

一方で、いまだに古い体制や仕組みのままブラックボックス化されているところも、不動産取引には少なくありません。その弊害の一つが、「囲い込み」です。囲い込みは、「このマンションを売って欲しい」と物件を預けられた仲介会社が、売主だけでなく買主からも仲介手数料を得ることを狙って行う行為です。本来、物件情報は「レインズ」という不動産業者しかアクセスできないデータベースに情報を登録することが義務付けられるなど(専任媒介のみ)、すべての不動産会社に対して情報開示されて、すべての営業担当がその物件を物件を探す自分のお客さんに提案することができるようになっています。囲い込みは、レインズには登録するものの、「この物件を見させて欲しいというお客さんがいる」と問い合わせてきた他社の不動産会社に対して、「もう契約してしまった」などと嘘を言って案内を拒否してしまうのです。そうして自分のお客さんを囲って他社がアプローチできないようにし、その間に自分で買主を見つけてきて契約に結びつけ、無事に仲介手数料を両者からもらいます。囲い込みが行われると、売主としてはいつまでも物件が売れないということになってしまいます。囲い込みは法律で禁じられていますが、残念ながらこれを見分けることは困難です。「売り始めてからだいぶ経つのに、ちっとも問い合わせが来ない・・・」というようなことがあれば、もしかすると囲い込まれているかも?と疑ってみるのが良いかもしれません。囲い込みに関しては、実際にあった囲い込みの実例や遭ってしまった場合の対処法などを動画で詳しく解説しています。気になる方はこちらも合わせてご覧ください。https://youtu.be/YXM8KHUI4rw

まとめ

不動産仲介会社と聞くと、なんだか怖いし胡散臭い・・・などネガティブな印象を持ってしまう人もまだいらっしゃるかもしれません。そこには、残念ながらこれまでの不動産業界の仕組みが関係しています。ただ、志を持って既存のシステムやしきたりを変え、新生の不動産会社がそれぞれに新たなサービスで、売りたい人・買いたい人のニーズを満たそうとしています。そうした会社の顧客視点を大事にした各種商品やプライス設定の裏側などに注目して比較すれば、不動産会社選びももっとワクワクしたものになり、ひいては満足いく売却結果につながるかもしれませんね。

早く・確実に売却するためには?

早く確実なマンション売却を叶えるためには、適正価格で売り出さないといけません。 そのためには、効率的な情報収集とロジックに基づく値付けが必要です。2022年現在、中古マンションの価格が上昇している点に注目が集まっています。が、実はその一方で、悲劇も起こっています。「今ならば高値でも売れるはず」と考えて強気の価格をつけたところ、買主からまったく振り向いてもらえず売れ残り続け泥沼の長期戦に・・・というような事例が少なくないのです。売れ残りにならないためには、適正に市場を見極めること。そのための判断材料となる情報収集に役立つのが、アプリ「カウル」です。カウルには、売却に役立つ便利な機能が揃っています。
  • 自動査定で自宅の売却金額がわかる
  • 売却時の手残り計算もできる
  • 売出時に「ライバル」となる売却予定物件周辺の売出物件の価格も地図で直感的にチェックできる
カウルはアプリの中で必要な情報収集や簡易査定が完了するので、例えばこんなお悩みをお持ちの方にはまさにぴったり。
「不動産会社に問い合わせをすると営業電話が来そうで嫌・・」 「自分である程度情報収集してから問い合わせたい」 「時期未定で検討段階だからまずは情報収集だけ」
すでに売却活動中の方であれば、現況の周辺売り出し状況をウォッチするのにもおすすめです。>>アプリ「カウル」のダウンロードはこちらから>>
株式会社Housmart
株式会社Housmart
マンションジャーナル編集部

中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。