文京区立誠之小学校・学区域のおすすめ中古マンション

2019.06.19
文京区立誠之小学校・学区域のおすすめ中古マンション
都内でも教育環境が整っていると言われる文京区。公立学校へのお子様の進学を考える親御さんから、高い人気を誇っています。文京区の中でも「名門小学校」と名高い4校のうちの一つが、誠之小学校です。今回は、そんな誠之小学校学区域へのお引越しを検討されている方に向けて、誠之小学校の特徴やおすすめの中古マンションをご紹介します!

監修者:針山昌幸

株式会社Housmart 代表取締役
宅地建物取引士・損害保険募集人資格
『中古マンション 本当にかしこい買い方・選び方』
(Amazonランキング・ベストセラー1位)

誠之小学校はなぜ人気なのか

東京都23区の中でも、1番教育環境が充実していると言われているのが「文京区」です。日本を代表する大学である東京大学が所在する区であり、文教地区に指定されている地域が多いため、落ち着いた住環境が魅力。誠之小学校は、通称「3S1K」と呼ばれる文京区内の有名公立小学校4校の中でも、抜群の人気を誇ります。>>文京区の名門公立小学校「3S1K」とは?学区内のおすすめマンションと探し方所在地は文京区西片二丁目で、東京大学のまさにお膝元。日本を代表する一流大学を日常の風景としながら学び成長することができる立地・・・といえばそれだけで、そのプレミアムな教育環境を語るのに十分かもしれませんね。そして誠之小学校の学区は、有名高校への進学率の高さを誇る文京区立第六中学校の学区とも重なっています。第六中学校は、教育レベルの高い都立日比谷高校への入学者が多く、「誠之小→第六中→日比谷高→東大」というエリートコースをお子様に歩ませたい、という親御さんも少なくありません。これが、誠之小学校学区が他の名門公立小学校より抜きん出て注目される理由です。

人気学区は資産価値の面からも将来性◎

この教育環境を求めて、誠之小学校の学区内に引っ越してくる家庭も、毎年後を絶ちません。人気に対して物件数が少ないこともあり、通学区にあたる物件は希少性が高く資産価値も見込めるため、将来住み替えを考えるにしても賢い選択肢と言えるでしょう。>>売れるマンションと売れないマンションの違いは何か?

誠之小学校の特徴

文京区立誠之小学校の創立は1875年(明治8年)。140年を超す歴史を誇る小学校です。校名の「誠之」は、儒教の古典『中庸』の一節、「誠者天之道也、誠之者人之道也」(誠は天の道なり、これを誠にするは人の道なり)からとられたもの。「人権尊重及び『誠之人道』の精神をふまえ、豊かな心と生涯学び続ける意欲をもち、たくましく心身の調和のとれた人間性豊かな児童を育成する。」(文京区立誠之小学校 HPより)を教育目標と掲げています。伝統校ながら、教育において先進的な取り組みを行うことに定評のある小学校です。現在は校舎を新設中で授業は仮校舎で行われています。新校舎完成は2020年4月とされています。※追記:その後完成時期は延期され、すべての工事が完了するのは2023年7月予定です。

誠之小学校の教育方針

文科省英語活動研究開発指定校など、モデル校として多数の実績を持っています。時代に即した先進的なカリキュラムも行われており、2年生でプログラミング学習、イングリッシュタイムと名付けられた英語学習、高学年ではプロジェクタなど機器を使ってプレゼンを行うディベート形式の授業も。そうした座学にとどまらない実践的な学びだけでなく、自然と触れ合う体験学習の機会も大切にされており、「田植え・稲刈り体験」なども行われています。

誠之小学校の学区

誠之小学校の学区は以下の通りです(2021年4月時点)。
  • 白山1丁目3、4、9、10、15、23-1、23-14~16、23-19、24~28、29-2~5、29-10、29-11、32-10、32-11~13
  • 本郷6丁目
  • 西片1丁目1~15、17、20
  • 西片2丁目
  • 向丘1丁目1~7、8-5、8-7、8-8、12~20
  • 向丘2丁目1~10、11-1、11-2、11-3、11-5、13-13~21
GoogleMapで確認したい方はこちら(※あくまでも目安としてご参照ください)誠之小学校の学区は文京区の公式HPで確認できます。白山1丁目など、同じ番地であっても一部該当学区外の場所もあるため、物件の購入の際には不動産会社に確認するようにしましょう。

誠之小学校区域のおすすめマンション

では、誠之小学校学区域のおすすめマンションをいくつかご紹介します。中古マンションはいつ売り出されるか予測できない上に、人気学区の物件はまさに熾烈な争いです。ご自身が求める条件を見定めたうえで、「いいかも」という物件が出たら迷わず購入行動に移れるようにしましょう!

①朝日白山マンション

朝日白山マンションは、最寄り駅の都営三田線「白山」駅まで徒歩わずか4分という便利な立地のマンションです。竣工は1985年、13階建てで総戸数は224戸、誠之小学校の学区内にあり、学校までは徒歩5分です。さらに朝日白山マンションは、東京メトロ南北線「本駒込」駅から徒歩10分、「東大前」駅から徒歩11分と複数の駅が利用可能。通勤・通学時も首都圏の主要駅に快適にアクセスできます。築年数がやや経過していますが、セキュリティ機能など設備は充実しています。共用部には防犯カメラを設置、エントランスや住戸のドアはオートロックによってしっかりガードされています。オートロックの解除は、住戸内に設置したTVモニター付きインターホンによって訪問者の姿と音声によって行えます。さらに共用部には宅配ボックスを設置、ゴミも集合ゴミ置き場に24時間出せるなど、安全性高く快適に暮らせるマンションです。

②シャトー文京

シャトー文京は1970年に竣工された総戸数120戸の中規模マンション。誠之小学校までは徒歩10分、第六中学校まで徒歩15分と通学には少々徒歩距離がありますが、シャトー文京のメリットは交通利便性。都営大江戸線と都営三田線が使える春日駅より徒歩4分、東京メトロ丸ノ内線と南北線が使える後楽園駅まで徒歩8分という2駅4路線が利用可能。他地域の私学中学への進学を検討していたり、親御さんが都内での移動が多い場合などにはぴったりです。築年数が50年と経っていますが、マンション内は管理状態がよく、美しく保たれています。エントランス前の空間はゆったりとしており、噴水が設置されています。さらにエントランスを入ると、広くはありませんが、ソファセットのあるラウンジスペースも設けられています。設備仕様面では、トランクルームが設置されていることが大きなメリット。スノーボードなどのアウトドア用品、旅行用スーツケースなどかさばるものを収納しておけるので、住戸内もスッキリ。またマンション周辺に24時間営業のスーパーやコンビニ、商店街などの店舗が多く、日々の買い物にもとても便利です。

③ジェイパーク文京西片

2001年にジョイントコーポレーションが分譲した総戸数59戸の中規模マンションです。複数路線が利用でき、かつ駅近の立地であるため、高い需要が見込まれます。50㎡台~90㎡台の住戸プランがありますので、様々なご家族に対応できます。
 

④ファミール本郷

東京メトロ南北線東大前駅より徒歩1分!という抜群の駅近立地を誇るマンション。誠之小学校までは徒歩7分、第六中学校までは徒歩1分。親御さんの通勤にもお子さんの通学にも便利なマンションです。間取りは2LDK〜4LDK+WICで、2人家族〜お子さんもいるご家族向けの間取りが中心。
>>>誠之小学校区の中古マンションの一覧を見てみる

希望の学区内のマンションをサクッと見つける、上手な探し方

さて、希望の学区内のマンションを探そうとした時、どんな方法で探していますか?
①検討している希望校の学区を、市区町村のWEBサイトなどで調べる (※学区は変更されることもあるため、市区町村の公式に発表されている最新情報で確認した方が安心です) ②その学区に適応する住所内にあるマンションをポータルサイトで調べる
・・・と進めていくのは、とても面倒ですよね。希望校や希望エリアが複数ある場合は、なおさらです。そこでおすすめしたいのが、不動産アプリ「カウル」の「学区指定機能」。「カウル」は、自分の希望条件にあった中古マンションを提案してくれるアプリです。希望の小・中学校区を希望条件に設定すれば、その学区内で売り出されているマンションと間取りが表示されます。もちろん、価格や間取り、駅徒歩など他の希望条件と掛け合わせて物件を探すことも可能です。ご自身で学区とマンションの住所を調べる手間がいらないので、子育てや仕事の合間で手軽にリサーチ。短い時間でより早く、理想のマンションを見つけ出すことができます。学区のように、「住みたいエリアが決まっている」「希少価値が高い土地を選びたい」という人こそ、物件数が豊富な中古マンションがおすすめです。新築マンションは数が限られてしまうため、それだけ自分が求める諸条件(交通利便、店などの周辺環境、学区、マンションの共用施設や設備、などなど)にフィットした物件を手にできることは難しくなっていきます。人気学区の物件は、狙っている人が多いだけにスピード勝負。売り出されたと思ったら即売れてしまった・・・なんていうことも、めずらしくありません。ぜひ効率的なマンション探しで、理想の住まい・理想の教育環境を手に入れてくださいね。>>中古マンションアプリ「カウル」のダウンロードはこちらから【おすすめ記事】知らないと損する「中古マンション探し方のコツ」とは?プロが徹底解説!
株式会社Housmart
株式会社Housmart
マンションジャーナル編集部

中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。