千代田区立麹町小学校・学区域のおすすめ中古マンション

2019.06.12
千代田区立麹町小学校・学区域のおすすめ中古マンション
都内きっての名門公立小学校の一つ、千代田区にある区立麹町小学校。その学区内に居を構えて我が子を通わせようと、引っ越しを検討しているファミリーも少なくありません。が、そこは人気学区。ただでさえ物件数が限られる千代田区で、望み通りの物件を見つけるにはコツがあります。今回は、そんな麹町小学校の特徴や、該当学区内のおすすめ中古マンション、そしてその賢い探し方までをご紹介します。

監修者:針山昌幸

針山昌幸 プロフィール写真

株式会社Housmart 代表取締役
宅地建物取引士・損害保険募集人資格
『中古マンション 本当にかしこい買い方・選び方』
(Amazonランキング・ベストセラー1位)

麹町小学校はなぜ人気なのか

麹町小学校は、千代田区では番町小学校に次いで二番目に人気が高いといわれています。麹町小学校は教育熱心な子育てファミリーに絶大な人気があり、それはエリートコースにつながるブランド校、というイメージがあるためです。かつて麹町小学校の生徒は、そのほとんどが千代田区立麹町中学校に進学。その後、麹町中学校から日比谷高校、その後東京大学に進むことが、長く日本のエリートコースとされていました。本校の卒業生は、政界・財界・出版界など分野を選ばず多士済々。現在では麹町小学校の生徒は、有名私立中学校や国立大学の附属中学校を受験する子が多くなっていますが、「エリートを育成する小学校」とのブランド・イメージはいまだ強く、麹町小学校に入学するために学区域に住み替えをするファミリーも多くみられます。

麹町小学校の歴史

麹町小学校は1993年、旧麴町小学校と永田町小学校が合併して誕生した学校です。前身である旧麹町小学校も永田町小学校も、明治に遡る歴史を持った伝統校でした。戦前は「一高から東京帝大」へと続くエリートコース、戦後は「麹町中学から日比谷高校、東京大学」に進むための前段階の小学校として注目されてきました。千代田区出張所を併設する形で建設された校舎は新しく、全館冷暖房が付いており、水深を変えられる可動式の温水プールも備えています。言われなければ小学校とは気がつかないようなスタイリッシュな外観は、インパクト大。こうした近代的な設備が整っている校舎も、生徒や父兄に人気のようです。

麹町小学校の教育方針

教育目標は、「よく考える子=知、思いやりのある子・進んではたらく子=徳、明るく元気な子=体」を掲げています。カリキュラムでは、建物の特性を活かした取り組みも行われています。その一つが「オープンスペース」の教室であること。クラスとクラスの区切りがなく、広いスペースを共有して授業を行います。またランチタイムには、ランチルームで全校生徒が一斉に給食を食べます。さらに地域にも開かれた小学校をめざし、夜6時よりプールやランチルーム、音楽室、図工室などを一般に開放。※セキュリティ対策は、教室側のシャッターを閉めるなど厳密に行われています。また夏休みには卒業生主導によるラジオ体操が行われ、PTAによる「見守り隊」パトロール活動があるなど、OBや地域と連携して学校活動を進めています。生徒の学力を高める取り組みにも注力し、5、6年生の生徒と父兄を対象に「学校の授業はどれくらいわかっているか?」というアンケートを行い、学校の指導をふり返り、子どもにも自己評価させるそうです。

麹町小学校区エリアの特徴

麹町小学校の学区域は、千代田、皇居外苑といった皇居周辺、霞ヶ関、永田町の官庁街を含んでいます。江戸時代には旗本屋敷、現在では日本の中枢機関が集積した政治・経済・文化の中心地。日本という国の動きを肌で感じられる環境と言えます。霞ヶ関の議員宿舎も学区内であり、年収や教育水準が高い家庭が多いエリアとされています。また通常の小学校なら6年生の社会科見学で行く「国会議事堂」や「警視庁」に、麹町小学校では低学年で足を運びます。こうした特殊な環境に住むことにより、子どもに国際性や広い視野を身につけさせたいと考えるご家庭もあるようです。

麹町小学校の学区

麹町小学校の学区は以下の通りです(2021年4月時点)。
  • 霞が関一・二・三丁目
  • 永田町一・二丁目
  • 隼町
  • 平河町一・二丁目
  • 麹町一・二・三・四丁目
  • 一番町、二番町(1・3・5・9・11)
  • 皇居外苑
  • 千代田
麹町小学校の学区は千代田区の公式HPで確認できます。学区は変更される可能性もあるため、最新の公式情報を自身でもチェックしながら、物件の購入の際には念のため不動産会社に確認するようにしましょう。越境入学は非常に少なく、麹町小学校では、現在9割以上が学区内から通っています。教育熱心な家庭が多く、小学校卒業後は中学受験をする子どもが約7割に上ります。有名校への進学をめざす家庭には非常に人気が高い麹町小学校ですが、その反面、のんびり子育てしたいと考える家庭は、疎外感を感じる環境かもしれません。

麹町小学校区域のおすすめマンション

では、麹町小学校区域のおすすめマンションをいくつかご紹介しましょう。

①レグノグランデ一番町タワー

レグノ・グランデ一番町タワー東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅から徒歩2分、また千代田区立麹町小学校からも徒歩2分という、麹町小学校を志望するご家庭にはこれ以上ない好立地にあるのがレグノグランデ一番町タワー。一帯は、高級住宅街の一番町。江戸時代から続くお屋敷街で、中古マンションの資産価値も維持されやすい立地です。周辺は北の丸公園など緑ゆたかな自然環境に恵まれており、お子様と休日に樹木を見ながらお散歩も楽しめる環境です。さらに、このマンションの大きな魅力の一つが屋上庭園。屋上庭園からは、自宅とは違う方角の美しい都心の眺めやきらめく夜景が堪能できます。

②パークコート一番町

パークコート一番町由緒ある大名屋敷の跡地・一番町に、2019年に完成した築浅の中古マンションが、パークコート一番町です。最寄り駅は、東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅から徒歩4分、麹町小学校までも徒歩3分と通学しやすい立地です。三井不動産が手がける高級分譲マンションシリーズ「パークコート」のひとつですから、マンションの構造や外観、内部の仕様にもグレードの高さが光ります。パークコート一番町というマンションの特徴は、共用施設を思いきって減らしていることです。ハイグレードなマンションですが、エントランス前に植栽があるくらいでコンシェルジュ・サービスなどはありません。しかしオートロックや宅配ボックスなど、共用部のサービスは整っていますし、共用施設が少ないことは管理費削減にもつながります。共用施設の充実度はご家庭の事情に合わせて選ぶと、中古マンション選びで後々後悔することが減るでしょう。周囲の自然環境にも恵まれ、マンションから皇居へは徒歩圏内です。休日にはご家族で皇居のまわりをジョギングするのも楽しそうですね。

③パークコート・ジオ永田町

パークコート・ジオ永田町まさに「日本の中枢」に住む、というのがふさわしい立地。希少性はピカイチです。周囲には国会、参議院議長公邸・衆議院議長公邸、メキシコ大使館など、警察が24時間態勢で警備をしている施設があることからも、治安のよさはお墨付き。もちろんマンション自体も24時間有人管理。周辺環境も含め、安心してお子さんを学校に通わせられるでしょう。

>>パークコート・ジオ永田町の魅力をもっと詳しく>>

④平河町森タワーレジデンス

平河町森タワーレジデンス有楽町線・半蔵門線・南北線の3路線を使える永田町駅徒歩1分!銀座線・丸の内線が通る赤坂見附駅も徒歩圏内のため、2駅5路線を手にできる交通利便性は、同沿線で働く方には何よりもメリット。同マンションの1階にはナチュラルローソンやタリーズコーヒーも入り、ちょっとした買い物にも便利。こちらも安心の24時間有人管理です。

>>平河町森タワーレジデンスの魅力をもっと詳しく>>

>>麹町小学校 学区内のマンションをもっと見る>>

希望の学区内のマンションをサクッと見つける、上手な探し方

さて、希望の学区内のマンションを探そうとした時、どんな方法で探していますか?
①検討している希望校の学区を、市区町村のWEBサイトなどで調べる (※学区は変更されることもあるため、市区町村の公式に発表されている最新情報で確認した方が安心です) ②その学区に適応する住所内にあるマンションをポータルサイトで調べる
・・・と進めていくのは、とても面倒ですよね。希望校や希望エリアが複数ある場合は、なおさらです。そこでおすすめしたいのが、不動産アプリ「カウル」の「学区指定機能」。「カウル」は、自分の希望条件にあった中古マンションを提案してくれるアプリです。希望の小・中学校区を希望条件に設定すれば、その学区内で売り出されているマンションと間取りが表示されます。もちろん、価格や間取り、駅徒歩など他の希望条件と掛け合わせて物件を探すことも可能です。ご自身で学区とマンションの住所を調べる手間がいらないので、子育てや仕事の合間で手軽にリサーチ。短い時間でより早く、理想のマンションを見つけ出すことができます。学区のように、「住みたいエリアが決まっている」「希少価値が高い土地を選びたい」という人こそ、物件数が豊富な中古マンションがおすすめです。新築マンションは数が限られてしまうため、それだけ自分が求める諸条件(交通利便、店などの周辺環境、学区、マンションの共用施設や設備、などなど)にフィットした物件を手にできることは難しくなっていきます。人気学区の物件は、狙っている人が多いだけにスピード勝負。売り出されたと思ったら即売れてしまった・・・なんていうことも、めずらしくありません。ぜひ効率的なマンション探しで、理想の住まい・理想の教育環境を手に入れてくださいね。>>アプリ「カウル」をダウンロードする【おすすめ記事】知らないと損する「中古マンション探し方のコツ」とは?プロが徹底解説!
株式会社Housmart
株式会社Housmart
マンションジャーナル編集部

中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。